ROY草子 『東京駅をつくった男』大塚菜生
日々思ったことを書き記したり,本の紹介などをしたりしています。
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
『東京駅をつくった男』大塚菜生
2014-12-24 Wed 17:21
東京駅開業から100年。赤れんがの駅舎をつくったのは,いったいどんな人なのだろう…。

建築家である辰野金吾。今では当たり前のように使われている「建築」という言葉も,当時はまだなかったそうです。こつこつと努力して,100年の時を超えてもずっと愛され続けている東京駅をつくった金吾。彼がずっと持ち続けていたのは「他人が自分を認めてくれないことをなげくより,自分に能力がないことを心配しないといけない」という思い。この言葉がとてもずしりと心に響きました。
金吾のアイディアがたくさん散りばめられている東京駅。今度行ったら,じっくりと見てきたいな。
別窓 | 児童書 | コメント:0
<<今年もお世話になりました | ROY草子 | 『パンプキン! 模擬原爆の夏』令丈ヒロ子>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

| ROY草子 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。