ROY草子 『ぼくたちの勇気―心といのちを守る5つの童話』漆原 智良 井嶋 敦子 季巳 明代 かとうけいこ 高森 優芽 進藤 かおる
日々思ったことを書き記したり,本の紹介などをしたりしています。
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
『ぼくたちの勇気―心といのちを守る5つの童話』漆原 智良 井嶋 敦子 季巳 明代 かとうけいこ 高森 優芽 進藤 かおる
2014-01-12 Sun 14:49
大塚菜生さんがブログ「おはじきのじかん」で紹介してくださっていた本です。
「いのち」「体格差」「いじめ」「花粉症」「不審者」の五つのテーマをもとにした物語です。
この本が私の手元届き,子どもに紹介した直後に,身体計測がありました。
その時に,背の高い女の子が,「何cmだった?」と友達に聞かれ,とても嫌な思いをしたのです。
「私,背が高いのは嬉しくないのに…。高いのは好きでなってるんじゃないのに…。」と訴えに来ました。
まさに「体格差」の話とぴったり重なったのです。
ちょうど次の授業は道徳だったので,急遽予定を変更して,この話を読み聞かせました。
その後,背が低い男の子が,「ぼくも身長を読み上げられるの嫌なんだよ…。」と言いました。
訴えに来た子は,
「私は身長を聞かれるのが嫌だからやめてください。」
と自分でみんなに言いました。
背が高い,低い,それは自分にはどうにもできない。
私自身,背が低いのでとても悩んだり苦労したりしてきたこと,背の高い友達がうらやましかったことを話しました。
また,背の高い友達が,そのことを気にしていて,実際の身長より低く友達に伝えていたことも話しました。
背が高くても低くても,それぞれ悩むことがある。
自分で受け入れていても,人に言われるとなぜか傷つく。
そんなこともあるんだよっていう話を子どもたちにはしました。

授業の後,この本を読み始めた子がたくさんいます。
みんな,いろいろ考えてくれるんじゃないかなと思います。
別窓 | 児童書 | コメント:0
<<オンラインゲーム その1 | ROY草子 | 今年もあとわずか>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

| ROY草子 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。