ROY草子 金色
日々思ったことを書き記したり,本の紹介などをしたりしています。
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
金色
2013-06-02 Sun 19:20
ある日の国語の授業

わたし「金色の読み方は2通りあります。『きんいろ』と『こんじき』ね。」
Aくん「その者青き衣をまといて金色(こんじき)の野に降り立つべし…。」
みんな「?」
わたし「えらい!よく知っていたねえ。」
みんな「??」
Aくん「大ばばさまが言っていた!」
みんな「???」
わたし「これは『風の谷のナウシカ』の最後の方に出てくるセリフだよ。」
Bさん「なんか呪文みたいなんだけど…。」
Aくん「大ばばさまはこういう言い方するんだよ!で,金色の野は王蟲のひげみたいなや    つでねえ…。」
わたし「はい,ストップ!『金色の野』は,つまり『金色に輝く野原』っていうことです。」
 次の休み時間,徳間のアニメ絵本に群がった子どもたちは「本当だ,さっきのセリフ,あった!金色(こんじき)って書いてあるよ!」と確かめていたのであった。
別窓 | 日記 | コメント:0
<<父との会話 | ROY草子 | 『薔薇色プリンセス・レッスン』 山本瑤>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

| ROY草子 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。