ROY草子 『ヘンダワネのタネの物語』 新藤悦子
日々思ったことを書き記したり,本の紹介などをしたりしています。
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
『ヘンダワネのタネの物語』 新藤悦子
2013-01-01 Tue 17:28
何かに夢中になるって「ヘン」なこと?人と違うのは「ヘン」なのかな?

絵を描くことが大好きな直。あまりに夢中になりすぎて,クラスの友達からは「ヘンな女子」と思われてしまいます。
両親がイラン人で日本育ちのアリ。サッカーが得意で,下級生にも人気があります。
2人は一見対照的です。でも,根本的には同じなのかもしれません。

直のように,自分の好きなことに夢中になり,周囲になじめずにいる子。
アリのように,外国籍だったり,いわゆるハーフだったりして,周囲から浮かないようにしようとする子。

私が受け持ってきた子たちのなかにも,直やアリのような子がたくさんいます。
毎年必ずいると言っても過言ではないと思います。
そもそも,姪達はドイツと日本のハーフです。両方の言語を使い分けて生活しています。
ドイツ育ちのせいか,本人は他の人と違うという感覚はあまりないようです。
相手が話す言語にあわせて,言葉を使い分けます。
国が違えば文化も違います。さまざまな国籍の人と知り合えれば,文化を知ることもできます。
また,周囲になじめなず,自分には友達がいないと思っている子もよくいます。
人間は互いに違って当然だと思います。双子だってそれぞれ個々の人格をもっているのだから。
何か特定のことが好きなのも個性。日本以外の国の文化をもっているのも個性。
自分の個性を大切にして,互いに交流することができたらいいなと思います。
別窓 | 児童書 | コメント:0
<<映画「天地明察」 | ROY草子 | よいお年を>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

| ROY草子 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。