ROY草子 原発に関するツイート
日々思ったことを書き記したり,本の紹介などをしたりしています。
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
原発に関するツイート
2012-01-08 Sun 17:31
ツイッターで,原発に関するツイートを見かける。
「脱原発」という人たちは,読んでいてマイナスイメージを受けるツイートを連発でしている。
今,原発に関してプラスイメージがあるとは思えないが,読んでいるとどんどん不安感が募ってくるものが多いのだ。
なかには,根拠がよくわからないものもある。

反対や批判をするのは容易い。それならば,代案を提示すべき。
声をあげないのは,放射性物質に対し関心がないからではない。
「危険だから逃げろ」と言われても,逃げた先での仕事は?生活は?
それ以前に,どこに逃げれば安全だと言い切れるのか?
教員の私にとって仕事を捨てるのは,子どもを見捨てることと同じだ。

善意で「危険だ」と情報を流しても,立場によって受け止め方は違う。
危険だとされた地域の人間は,情報が入ってくるたびに不安は募っていくのだ。
不安に押しつぶされそうになり,それでも生活している人たちがたくさんいることも知ってほしい。
情報に翻弄され,パニックになっている友人もいるのだ。

パニックになっている友人に仲間が言った。
「放射能で体を壊す前に,心が壊れるじゃないか。」
「逃げた先で慣れない生活をすることもストレスになるぞ。」
友人にどれだけ響いたのかはわからない。
それでも,全員一致していたのは,「原発はいらない」という考えだ。

自分で実際にその場で生活していないのに,
「危険だ」「脱原発だ」
と叫ばず,せめて,実際にその地に足を運び,自分で確かめるなり,生活するなりしてから
「危険だ」
と言ってほしい。
少なくとも,安全と言われる場所にいる人から
「危険だ」「脱原発だ」
と言われても,説得力を感じない。
だって,この不安感はわからないでしょう?
別窓 | twitter | コメント:0
<<子どもたちの手紙 | ROY草子 | 『できることをしよう。』 糸井重里 ほぼ日刊イトイ新聞>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

| ROY草子 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。