ROY草子 被災地への思い
日々思ったことを書き記したり,本の紹介などをしたりしています。
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
被災地への思い
2011-08-15 Mon 08:33
陸前高田の松を成田山で使うとニュースで報道していた。京都で検査した結果放射性物質を含んでいたという表皮部分は取り除くという。放射性物質を含んでいなくても燃やすのがダメなら,どうしたらいいのか。
先日仙台に行ってきて現地の方と話したけれど,復興はまだまだこれからということを痛感した。精神的にまいっている人も多い。精神的な面での支援というのも必要だと思う。陸前高田の松もその1つで,受け入れられる条件を満たしているのであればOKなのではないか。
私も多くの子どもを預かっている1人なのだから,放射性物質を気にしている。放射性物質が含まれているものを燃やせと言っているのではない。被災者やその関係者の心情にもう少し寄り添ってもよいと言っているだけである。被災地ではまだ見つからない家族のことで頭をいっぱいにする人がいる。自分に繋がる多くの人を失い,悲しんでいる人がいる。復興に向けてがんばる人がいる。「被災地が忘れられている」という仙台の知人の言葉はとても重い。
お子さんのいる方が放射線物質を気にかけるのは当然。少しでも安全なものをと情報収集をするのもよくわかる。それでいいと思う。みんな立場が違って,視点が違うのだから。でも,原発をこのまま使い続けていいとは絶対思わないという点で考えは一致していると思う。
別窓 | 日記 | コメント:4
<<今日の一首 | ROY草子 | 今日は冷やし中華>>
この記事のコメント
同感
(いきなりですが)同感です。疎開キャンプから子供が帰る時、指導者が今度福島に会いに行くからね、と伝えたら、その子供「(汚染されるから)来たらダメ」だよって答えたの……。子供が言うんですよ。
こういう言葉が個人の方のつぶやきを読んでまわるとあちこち目に留まります。子供や父親を逃がして頑張っている母親もいらっしゃいます。
色々騒ぐ前に現地を気づかって欲しい。
まだまだ電力大量利用していて安全圏にいるひとが、正論ばかり言っていると虚しくなります(怒)
2011-08-16 Tue 08:01 | URL | 菜生 #-[ 内容変更]
Re: 同感
子どもがこう言うなんて…。被災地の子どもたちがどれだけ心に傷を負っているか…本当にもっと現地を気遣ってほしいと思います。成田山の件では,「千葉はすでに汚染されているから燃やしてもいい」というつぶやきを目にしました。それでは,その地に住む私達は一体何なの!?そういう基準でしか考えられないのかと怒りを感じました。成田山新勝寺だって放射性物質を含むものを燃やそうと言っているんじゃない。安全であることを確認したうえで,供養で使いたいと申し出ています。しかも,実際に現地に行って被災地の様子を見ているのです。
現地の様子をその目で見ず,安全なところから正論を言ってもちっとも説得力がありません。今日から3日間,いつもの遊び仲間の姐さんは石巻でボランティア活動をしています。この姐さんと話していたのは,夏休み中に全国の教員が被災地に行って支援活動をすればいということ。勉強をみるもよし,がれきの撤去をするもよし,それぞれ得意分野を活かせるのではないか…。結局,個人の判断での支援活動となっていて情けない限りです。
千葉だって被災地です。津波被害にあった地区,液状化現象のあった地区を抱えています。わたしの勤務先の校舎も一部破損していて,体育館も6月まで使えませんでした。今でも,常時防災頭巾持参で活動しています。
そんな生活でも,子どもたちは東北の地を思いやることができています。自分たちにできることを懸命にしています。
2011-08-16 Tue 08:43 | URL | ROY #-[ 内容変更]
ふたたび
ご丁寧な返信感謝します♪ 姐さまのご活躍有り難いですね。応援してます。私も何かしら出来ること、近いうちに! さっきの続きですが、中には絶望感や恐怖感のあまり、普通に暮らしている人達へ憎しみが転移する場合が見かけられます。「罵詈雑言」で気が晴れるならいくらでも請負いますが、その気持ちに呑み込まれ、本来、味方(同じ目的をもつ)であるはずの者の言葉が耳に届かなくなると危険ですね。今は表面上、安定している者の内面も心配です。千葉の被災に遭われた方たちも、外にうちに、個々に戦っていると思います。
2011-08-16 Tue 12:13 | URL | 菜生 #-[ 内容変更]
Re: ふたたび
こちらこそありがとうございます♪
菜生さんのブログ,読みました。本当に自分の目で見た人の言葉は重みが違います。それぞれにできることをしていきたいですね。

>さっきの続きですが、中には絶望感や恐怖感のあまり、普通に暮らしている人達へ憎しみが転移する場合が見かけられます。「罵詈雑言」で気が晴れるならいくらでも請負いますが、その気持ちに呑み込まれ、本来、味方(同じ目的をもつ)であるはずの者の言葉が耳に届かなくなると危険ですね。今は表面上、安定している者の内面も心配です。千葉の被災に遭われた方たちも、外にうちに、個々に戦っていると思います。

その通りですね。精神的な面でのフォローって本当に大切だと思います。
被害の少なかった私達でさえ,余震や放射性物質におびえながら暮らしています。
報道されている内容のどれが本当なのかわからないから,なおさらみんな不安になるのでしょうね。
互いに思いやりながら寄り添っていくことが大切だと思います。
2011-08-16 Tue 19:17 | URL | ROY #-[ 内容変更]
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

| ROY草子 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。