ROY草子 社会科自主巡検@仙台 その1
日々思ったことを書き記したり,本の紹介などをしたりしています。
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
社会科自主巡検@仙台 その1
2011-08-11 Thu 17:36
きっかけは理科の教科書。
星についての学習の導入で,七夕まつりが教科書に載っていたのでそれを使いました。
てっきり仙台の七夕まつりだと思っていたら…平塚の七夕まつりなのでした。
小学校1年の途中まで神奈川県で育ち,幼稚園の頃に平塚の七夕まつりに行ったことがあったので,「平塚も大きなまつりだよね~。」と思ったのですが,なぜもっと有名な仙台の七夕まつりを取り上げないのか?
同僚に仙台出身の人がいるので仙台の七夕まつりについて聞いてみたら,「仙台の七夕まつりは8月です。」とのこと。
「どんなお祭り?」と聞いたら,「その時期,いつも岩手の親戚の家に行っていて,まともに見たことない。」
……そ,そういうものなの?
仙台の七夕まつりが旧暦の方だとは思いもしなかったので(正確には,毎年8月の6日~8日に行っているそうなので,必ずしも旧暦というわけではない),よし,見に行こうと思ったのでした。

目的は3つ。
1.七夕まつりを見る
2.遊佐未森さんが出演するライブを見る
3.横田やさんでおもちゃを買う

3日間のうち最終日を選んだのは,遊佐未森さんが勾当台公園で行われるライブに出演することがわかったから。彼女がデビューして間もない頃からずっと好きで聞き続けてきたので,ぜひ生で歌う姿を見たかったのです。しかも,仙台は彼女の出身地です。
そして,もう1つは「横田や」というお店でおもちゃを買いたかったこと。木で作られたおもちゃを扱っているので,3月に生まれた姪にぜひと思ったのです。あと,かなりの数の絵本も売っているという情報にも心動かされました。さらに,「こどもとあゆむネットワーク」を立ち上げ,現在本棚プロジェクトを進めている方でもあります。

七夕まつりの飾りは見事でした!色とりどりの吹き流し,中には折り鶴で作ったものもありました。「七つ飾り」を全部見つけたかったのですが,とにかく人が多くて立ち止まるのは申し訳ない。じっくり見るというよりは,流してみるという感じになりました。また,市内の小学校の学級で作った小さな飾りもあり,これも素敵でした。
飾り1
飾り2
折り鶴
折り鶴2

昼過ぎからは宮城県美術館へ。るーぷる仙台に乗ってみました。ちょっとレトロなバス。
るーぷる

月曜だったので,休みの施設が多い中,この美術館はこの日開館していました。目的は,猫のオブジェに会うこと(笑)。
猫

あと,佐藤忠良さんの記念館を見ること。佐藤忠良さんは彫刻家ですが,杉みき子さんの本の絵や『木』『おおきなかぶ」などの絵本を手がけているのです。どちらも満喫できましたが,もうひとつ嬉しいことがありました。福音館書店の懐かしの絵本の原画展を開催していたのです。『ぐりとぐら』『おおきなかぶ』『そらいろのたね』『はじめてのおつかい』など,見ていてとても温かい気持ちになりました。

午後3時過ぎからは,勾当台公園の野外音楽堂へ。整理券を午前中にゲットしていたので助かりました。この日は,ヤマハに所属するアーティスト達のライブ。進行のChageのトークに大笑い。オープニングはアコギ1本で歌う女性,山崎葵さん。彼女はなんと高校3年生。会場がどよめきました。高校生とは思えない歌唱力。見事でした。矢野顕子さんのステージは圧巻。トークもピアノ伴奏をしながら。さらに,トークから「ラーメン食べたい」と歌いあげました。即興でいろいろできるのでしょうね。露崎春女さんの高音には圧倒されました。もっと聞いてみたいなあ。そして,遊佐未森さん。七夕飾りがたくさん飾ってあったクリスロードで流れる「いつも同じ瞳」を歌ってくれました。クリスロードで流れているのを聞くのはけっこう難しいようで,ご本人もめったに聞けないそうです。もう1曲は「銀河手帖」に収録されている「I'm here with you」(たぶん,「みんなのうた」でも流れていたような…)でした。ふるさと仙台への思いが詰まった歌声でした。
別窓 | 日記 | コメント:0
<<社会科自主巡検@仙台 その2 | ROY草子 | 今日の一首>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

| ROY草子 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。