ROY草子 歴博「くらしの植物苑」~変化朝顔~
日々思ったことを書き記したり,本の紹介などをしたりしています。
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
歴博「くらしの植物苑」~変化朝顔~
2011-08-05 Fri 11:35
昨日見てきた歴博の変化(へんか)朝顔です。
基本形
これが基本形。青い朝顔です。朝顔は奈良時代に中国から薬草として日本に入ってきたそうです。
葉の形
葉の形が変化しているのも変化朝顔です。これが出る確率はけっこう高い。
茎の形
茎の形が変わっている朝顔。平べったくなっています。
しだれ
しだれになっている朝顔。ちょっとわかりにくいかな。
花びら
花びらにご注目!
全部同じ種類の種!
ここに写っている朝顔はすべて同じ親からとれた種をまいて出てきたもの!変化朝顔は一代きりで,種は取れません。葉がくしゃくしゃなのはしおれているわけではありません。こういう形なのです。
これも朝顔
こんな形でも朝顔なのです。
がくだけの朝顔
この朝顔は歴博で新たに発見されたものだそうです。「花が咲かないね~。」と思っていたら,がくだけの朝顔だということがわかったとのことでした。
これでも朝顔…
こんな形でも朝顔です。まだ花は咲いていません。咲くのは9月頃と言っていました。

解説付きで見ると,とてもおもしろい!まだまだ見られるので,この夏休みにぜひお出かけください♪
あ,歴博本館もぜひどうぞ。「民俗」という視点で見るのがおすすめ。全国で8つしかない国立の博物館の1つでございます。第4展示室は現在リニューアル中です。リニューアルすると,がらりと内容が変わっておもしろい♪第3展示室が江戸の文化。入り口前の絵や地図,流れている音楽にも深い意味があります。外国から見た日本のイメージってこうなのか~と思います。架空の大陸まで地図にはのっていておもしろいですよ。日本の音楽が外国に行くと…信じられないほど和風がぶっとんでしまいます。
別窓 | 日記 | コメント:2
<<今日の一首 | ROY草子 | 歴博とくらしの植物苑>>
この記事のコメント
江戸期の園芸は当時世界最先端だったらしいですし、
メンデルが再評価される前に遺伝を知っていたそうですね。

日本人は昔からいびつな物や非対称的な美を愛好してきましたが、
園芸においても同じだったんですなぁ・・・(笑)。

2011-08-06 Sat 09:33 | URL | 瑞閏 #lp29RAY6[ 内容変更]
伝統の朝顔
「くらしの植物苑」の担当者の話だと,メンデルより前に経験として遺伝に気づいていたそうです。
変化朝顔は子葉の時点ではっきりとわかるようです。今回実際に見てみましたが,見事にくしゃくしゃで,知らなかったら捨ててしまいそうでした(汗)。
劣性遺伝を美しいと感じた江戸時代の人たちのおかげで,今もこのような文化を楽しむことができるのですね。
2011-08-06 Sat 19:39 | URL | ROY #-[ 内容変更]
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

| ROY草子 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。