ROY草子 和歌集作りとおくのほそ道
日々思ったことを書き記したり,本の紹介などをしたりしています。
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
和歌集作りとおくのほそ道
2011-07-10 Sun 22:57
今年から4年生で短歌を扱うようになりました。
しかも,文語調の作品に親しむのだそうだ…。
でも,「東の野にかぎろひのたつ見えてかえりみすれば月かたぶきぬ」で情景を味わうって…それは難しすぎる。
背景無視かい!!
結局,教科書に載っているのはつまらんなーということで,違う作品をたくさんもってきて紹介しました。
それぞれ,お気に入りの作品を口ずさめたらいいなという感じです。
で,最後に自分たちの和歌集を作ってみました。
できはともかく,なかなかおもしろかった!

別件で「おくのほそ道」について。
「庵の柱に懸け置く」を「いおり」「あん」のどちらで読むのか!?
「立石寺」は通常「りっしゃくじ」と読みますが,自分が習ったときは「りゅうしゃくじ」と読んだ覚えがあるのです。
さて,どちらで読むの!?
いくつかテキストにあたってみたけど,どちらもある…(泣)。
別窓 | 古典・文学 | コメント:0
<<33℃ | ROY草子 | ヒカルくん,つきまとう>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

| ROY草子 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。