ROY草子 来年度の準備
日々思ったことを書き記したり,本の紹介などをしたりしています。
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
来年度の準備
2011-03-26 Sat 20:32
来年度の人事が発表されました。
この休みの間に,来年度の準備について考えています。
今年の主任はプロ意識のないとんでもない人だったのですが,来年の主任も同じくらい意識が低い人。仕事が遅い!
とても主任としての仕事は期待できません。
しかも,新規採用者が同学年にくるので,そのフォローも考えなくては。新人さんは,盛岡からきます。今回の震災後,連絡は取れているとのことですが…大丈夫かな。何が得意なのか,どんなタイプなのかわからん!情報が欲しい~。
というわけで,教室割り振りと新年度に購入しておかなくてはならないものと,社会科見学の予定と校外学習の内容の検討をしている最中です。あと,教科割り振りもある程度しておかないと大変。主任が昨年度と同じ学年に残留しているので,流れは把握してくれている模様。あとは,その準備がどの程度進められるかというのが問題。準備はこっちで進めるしかないだろうなー。
新指導要領の全面実施となるので,教科書がほぼかわります。というのは,一部かわらないものがあるのです。今年度中に配布した来年度用の教科書は,そのまま使うのです。そのため,来年度は2種類の年間指導計画を使い分けなくてはいけない!
昨年度は4月にリサイクルセンターと防災センターへ見学に行っているけど,その予約をとらないとまずい!
できれば,もう1カ所浄水場の見学もしたいけど,今の状況を考えると難しいかな…。
しかし…昨年やった地震体験車での震度7体験は実施したくない。
あのとんでもなく長く大きな揺れを実体験し,余震で恐い思いをしているのだから,十分だと思う。
揺れを感じたらすぐに避難することもしっかりできている。
さらに問題なのは6月の校外学習。筑波山~草ぶえの丘という組み合わせ。
筑波山,どんな状態なんでしょう。

あとは,今年度国語主任になってしまった!
再来年度提案を抱えているため,来年度にある程度研究を進めないとまずい。
ということは,社会科から動かないとダメですかね…。
納得いかんなー。
免許は国語だけど,10年以上社会に所属しているのになあ。
別窓 | 日記 | コメント:2
<<新学期 | ROY草子 | bayfmでアンパンマン>>
この記事のコメント
春休みに入ってからバタバタですが、読んでます。

2年生の娘に、子どもさんの日記を読みました。
難しい年頃もあり、表立った反応はなく、実感がないのかなと残念に思いましたが、寄付や物資については積極的でした。
お母さんと会えなくなったら、と考えるので、地震の話はして欲しくないと言っているので、なにか考えてるのだと思います。
でもやっぱり実感薄いのかな。電気つけっぱなしなので、まだ電気がないところがあるんだよ(大事に使いなさい)と言ったら、とても驚いていました。
なに言っても反抗してドスドス歩きの娘ですが、その時はすぐに消しました。まだまだ伝えなきゃ。

明らかに報道規制をにわせるテレビより、ROYさんの書かれる話の方がすんなり入ってきます。
小学校のことなど、本当に他人事ではなく、少しでも子どもの心の力になってくれればと、児童書を送りました。

私、おうちで一人で両親を待っていた子の話が忘れられません。
うちも鍵っ子なんです。
普段どおりが良いというROY先生の言葉が沁みます。

身内に、成田方面のイオンの写メを見せてもらいました。
なぜあの時、関東ももっと放送しなかったのかというくらい、手抜き工事だったんじゃないの?!と思ったくらい、でした。
姐さんの写真も娘と見ますね。
2011-04-05 Tue 22:42 | URL | 鞠香 #4PWoEP6s[ 内容変更]
ありがとうございます
千葉県は震源地からかなり離れていたのですが,それでもかなり揺れ,液状化現象や津波の被害もありました。
本当は,震源にもっと近い茨城県の方がさらに被害は大きいのです。でも,関東地方の被害はあまり大きく報道されませんでした。やはり,津波と原発の被害の方が大きく感じられたのでしょうね。

子どもたちは1月から2月にかけて防災についての学習をしたばかりでした。阪神淡路大震災が起きた当日の映像も見ていました。他人事と感じていたことが,自分たちの身近なところで起き,ようやく実感できたようです。それでも,避難所生活をしたわけではなく,かなり恵まれた状況にあります。

児童書を送ったところ,仲介してくださった方からお礼のはがきが届きました。
ご自身も被災されて大変なのに,ていねいなお返事をいただいてとてもありがたく思いました。

> 私、おうちで一人で両親を待っていた子の話が忘れられません。
> うちも鍵っ子なんです。
> 普段どおりが良いというROY先生の言葉が沁みます。

あの日,鍵っ子は本当に不安そうにしていました。
次々と余震が起こっていたから,不安になって当然です。
高校の部活仲間のお子さんも,お母さんがすっとんで帰ってくるまでひとりで家にいて,泣いていたそうです。
2011-04-06 Wed 21:42 | URL | ROY #Uskr0pWs[ 内容変更]
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

| ROY草子 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。