ROY草子 新刊ラッシュ2
日々思ったことを書き記したり,本の紹介などをしたりしています。
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
新刊ラッシュ2
2006-03-26 Sun 20:22
本日,ながたみかこ『語彙力アップおもしろ言葉がいっぱい! 3』が手に入りました。四字熟語や難読地名など,非常におもしろい内容です。前に掲示板で話題になっていたことも入っていて思わず笑ってしまいました。
もう少し早く手に入れば,子どもたちに見せられたんだけどなあ。
24日に修了式だったので,見せられませんでした。

このシリーズは3年生の子どもたちに人気があって,みんなでクイズを解きながら楽しんでいます。
敬語のシリーズも,もちろんよく読まれています。

杉山亮『にゃんにゃん探偵団おひるね』もおもしろそう。
子どもたちはこのシリーズをよく知っていました。学校の図書室にはないので,どうやら市の図書館で借りていたみたい。

あと,杉みき子『杉みき子選集3 小さな雪の町の物語,小さな町の風景』も手に入りました。こちらは,以前から持っていたのですが,杉さんの解説が読みたくてお買いあげ。「雪の町」の方には加代ちゃんが出てくるのです。この加代ちゃんは『白いとんねる』の加代ちゃんなのかずっと気になっていたのです。その謎が解けたので,買った甲斐がありました。

修了式の前日に『白いとんねる』を子どもたちに読み聞かせました。短編だから,飽きずに聴いていました。また,加代ちゃんのやることがおもしろくて,思わず爆笑する場面もありました。もともと6年生の教科書に掲載されていた作品ですが,読み方によってはどの学年でも楽しめます。今回は「おもしろいお話」を選んで読んでみたのですが,3年生にはピッタリでした。

『小さな町の風景』では「あの坂をのぼれば」という短編がとても印象に残っています。これも教科書に載っていた作品だったらしいので,知っている方が多いかもしれません。わたしは単行本で読んだのですが,一番印象的でした。こちらは小学生よりも中学生向きかもしれません。

それにしても,杉さんはやはり短編の名手だなと思います。

藤野恵美『七時間目の占い入門』,大林憲司『少女戦士シュリー4 魔法の決戦』,池田美代子『妖界ナビ・ルナ7 青き龍の秘宝』,エミリー・ロッダ『フェアリー・レルム5 魔法のかぎ』は持っていったとたんに奪い合い…。毎回懲りない人たちです。

村山早紀『新シェーラひめの冒険7 天のオルゴール』は作者の訴えたいことが盛りだくさんで,しかもどれも同じ比重で大切に語られていました。それを全部受け止めるのはけっこう大変かな…。登場人物はそれぞれ前向きなのですけれどね。

で,まだ積ん読状態な本がいっぱいあるのです。ゴールデンウィークくらいまで待たないと,読めないかもしれない…。とほほー。
別窓 | 児童書 | コメント:0
<<偏頭痛とアレルギーと… | ROY草子 | お掃除三昧>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

| ROY草子 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。