ROY草子 繰り下がり
日々思ったことを書き記したり,本の紹介などをしたりしています。
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
繰り下がり
2008-11-12 Wed 22:06
ただいま繰り下がりのある引き算のお勉強中。

わたしは,学校で教わった繰り下がりの方法が身に付かないで上の学年にあがってしまいました。
12-3なら,一般的には「10から3を引いて7,7と2で9」と出すようです。
ところが,わたしは「3から2を引いて1,だから9」と考えているのです。
これを聞いた人は,たいてい「は?」と目が点になります。
1だとなぜ9になるのか?
これは,たして10になる数,つまり補数が答えになるということなのです。
1と9で10。だから,答えは9なのです。

しかし,なぜこんな考え方が身に付いてしまったのか…。
わたしは親に教わったと思っていたのですが,親に聞いたら「そんなこと教えていない」とのこと。
まあ,結局答えはちゃんと出るから問題はないのですが。
2年生で筆算の繰り下がりがありますが,これも「10を借りてきて…」なんて考えるより,下から上の数を引き,その補数を答えた方が早いのです,わたしには。
32-19なら,
「9-2=7,だから3。2-1=1。答え13」
逆から引くなんておかしいぞと思う方,ぜひお試しください。
答えはちゃんとあいます♪

以下,証明(?)です。
12-3=10+2-3
     =10-(3-2)

(10+○)-△=10-△+○
         =10-(△-○)

というわけで,引く数(△)から引かれる数の1の位(○)を引き,10の補数が答えになるのは正しい(笑)。

小学生の頃,「引き算は逆からでも引ける!」と思いこんでいたのは問題がありましたが…(笑)。
別窓 | 日記 | コメント:2
<<弾き疲れ | ROY草子 | かさぶたぶたぶ弾き語り>>
この記事のコメント
人の事績などを読んでいて、
没年から年齢を計算しようとする時に、
生年の下一桁に半端を足してゼロにし、
没年との差を出してから半端を引く、という
面倒な暗算をすることがありますが、
補数はこれに近いでしょうかね(笑)。
2008-11-13 Thu 22:52 | URL | 瑞閏 #-[ 内容変更]
なるほど
これまた面倒な暗算ですね(笑)。
一部補数を使っている計算のようです。

人間,さまざまな計算法をしているのだなあと実感!
2008-11-14 Fri 21:43 | URL | ROY #Uskr0pWs[ 内容変更]
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

| ROY草子 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。