ROY草子 『フュージョン』   濱野 京子
日々思ったことを書き記したり,本の紹介などをしたりしています。
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
『フュージョン』   濱野 京子
2008-04-29 Tue 21:50
たかが縄跳び。そんなに熱くなることないじゃん。でも,なぜか惹かれていってしまう…。

ここでの「縄跳び」はただの縄跳びではありません。
ダブルダッチという非常に難しいテクニックを必要とする高度なものです。
二本の縄を用い,さまざまな跳び方をしていくのです。
描写が見事で,ダブルダッチの縄やステップの音が聞こえてくる感じがしました。

ダブルダッチを通じて,今まで接点のなかった少女達が心を通わせていくようになる。
その過程がよく描かれています。
中学生の女の子の気持ちの揺れ動きを見事にとらえている作品です。
ただの馴れ合いの友達関係じゃないところも魅力ですね。
現役の小学校高学年,中学生,高校生にぜひ読んでもらいたい作品です。

濱野さんのヤングアダルト向けの作品をもっと読みたいと思います。
別窓 | 児童書 | コメント:0
<<おけいこしている人は | ROY草子 | 『花天新選組』   越水 利江子>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

| ROY草子 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。