ROY草子 『ふしぎ探偵レミ』 村山早紀
日々思ったことを書き記したり,本の紹介などをしたりしています。
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
『ふしぎ探偵レミ』 村山早紀
2008-02-11 Mon 22:05
風早が舞台のお話。
村山早紀さんの物語は風早を舞台にした作品が多くあるのですが,このシリーズが大好きなのです。
今回のレミは,読んでいて切なくなりました。折原さんの子を亡くした親としての気持ち,かつて天使だったゆりかの魔物に対峙しているときのためらい。子供たちを大切に思い,愛していた折原さん。もし,誰か一人でも本当のことを折原さんに言いに来ていてくれたら,謝りに来ていてくれたら,こんな悲しいことは起こらなかったかもしれないのに。
今回登場した人物で一番気に入ったのはたくみお兄ちゃんだったりします。頼りになりそうで,どこか抜けているお兄ちゃん。でも,レミの活躍はお兄ちゃんがいてくれたからこそなのかもしれません。
別窓 | 児童書 | コメント:0
<<『いじけちゃうもん 四年一組ミラクル教室』『大きくなったらなにになる』 服部千春 | ROY草子 | 『新シェーラひめのぼうけん 天と地の物語』 村山早紀>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

| ROY草子 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。