ROY草子 『帝都<少年少女>探偵団ノート』シリーズ 楠木誠一郎
日々思ったことを書き記したり,本の紹介などをしたりしています。
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
『帝都<少年少女>探偵団ノート』シリーズ 楠木誠一郎
2008-02-11 Mon 21:33
『動機なき殺人者たち』『人造人間あらわる!』『消えた探偵犬の秘密』
このシリーズは,長編,短編集とに分けられます。
「…あらわる!」の方が長編で,3冊分お話が続いているといってもよいと思います。
その他のものは,単独でも読めますが,もちろんそれまでのお話とも繋がりはあるので,結局は全部読んだ方がずーっとおもしろい(笑)。
それにしても,主人公はアキラという語り手の少年だと思ったのですが…なんだか活躍しているのはアユミちゃんというお嬢さまとおぼっちゃまくん(若き日の芥川龍之介という設定)ばっかりという気がしないでもない…。
まあ,歴史上の人物が登場したり,明治時代を舞台にしたりと,この時代が好きな方にはとってもおすすめです。もちろん,ミステリー好きにも。
楠木さんの作品は,青い鳥文庫の『~は名探偵!』シリーズも歴史が絡んでいてとても好きです。
別窓 | 児童書 | コメント:0
<<『天下無敵のお嬢さま!3 ひと夏の恋は高原で』 濱野 京子 | ROY草子 | 『妖怪サーカス団 キツネの姫と竜神さま』 藤野 恵美>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

| ROY草子 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。