ROY草子 『妖怪サーカス団 キツネの姫と竜神さま』 藤野 恵美
日々思ったことを書き記したり,本の紹介などをしたりしています。
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
『妖怪サーカス団 キツネの姫と竜神さま』 藤野 恵美
2008-02-11 Mon 21:23
まめ太は鬼の子。人間とだって仲良しになりたい…。

シリーズ第2作。
このお話を読んでいると,あまんきみこ『おにたのぼうし』を思い出します。
「おにだっていろいろあるのに,おにだって…。」という言葉を残して消えたおにた。
でも,『妖怪サーカス団』のまめ太には,幸い妖怪の仲間がいたり,自分のことが鬼だとわかっても心を通わせてくれる人間の友達ができたりします。
妖怪の仲間の中には,友達ができたってすぐに別れなければならないので,そんなことはしない方がいいという考えの持ち主もいます。でも,その姿はどこか寂しげです。
次の街では,まめ太はどんな人に出会えるのでしょうか。
別窓 | 児童書 | コメント:0
<<『帝都<少年少女>探偵団ノート』シリーズ 楠木誠一郎 | ROY草子 | 『まじょもりのこまじょちゃん』シリーズ 越水 利江子>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

| ROY草子 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。