ROY草子 歌劇「イーゴリ公」より だったん人の踊り
日々思ったことを書き記したり,本の紹介などをしたりしています。
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
歌劇「イーゴリ公」より だったん人の踊り
2008-01-03 Thu 20:18
先ほどNHK教育で放送していた「だったん人の踊り」を見ました。
バレエとの組み合わせってどうなのかなと見る前は思っていましたが,
なかなかいい!
もともと群舞という要素があるからバレエでも十分できるのね。
いやいや,堪能しました~。

「だったん人の踊り」は小学校5年生の時に部会の音楽発表会で演奏した曲。当時は器楽編成でした。リコーダーとアコーディオンでメロディラインを演奏していました。わたしは副旋律部分の担当で,単独で練習していたときに「この楽譜,変。メロディがしっくり来ない。」と思って,♯がついていた部分を勝手にはずして演奏していたのです。でも,合奏してみて間違いに気づきました。和音があわないのです。もとの通りに演奏したらぴったりあいました。他のパートとあわせることで,きれいなハーモニーになることがわかった貴重な経験でした。

それにしても,ボロディンの曲はやっぱり好きだ~!
高校の吹奏楽部の定期演奏会で聞いた「中央アジアの草原にて」は,今でも忘れられません。この曲が一番好き!!
別窓 | 音楽 | コメント:0
<<のだめテレビバージョン ヨーロッパ編 | ROY草子 | 新春,ヒカルくんの寝正月>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

| ROY草子 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。