ROY草子 読書の夏
日々思ったことを書き記したり,本の紹介などをしたりしています。
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
読書の夏
2007-07-29 Sun 20:57
突入したいんだけど…。
とりあえず,はやみねかおる『都会のトム&ソーヤ5』をゲットしたので読み始めました。
……いや,あいかわらず笑わせてくれます。
上下巻で,1冊の分厚さも半端じゃないけれど,サクサクと読み進められます。
じつーにくだらない(でも,確かにそうだよと納得させられる)パスワード設定。
リストの超絶技巧曲が弾けるのに,むすんでひらいてが弾けない保育士志望のガードマン(?)の受難。
まだ序盤だというのに,上巻の半分以上のページを使っている…。
今日中に上下巻読破できたら拍手ですな♪

こちらは児童書ではありませんが,風野潮『マジカル・ドロップス』は読了しました。
あさのあつこさんの一般書はあまりいただけないと思っており,そのあさのさんが推している一般書だったので,どうかな…と思っていましたが,けっこうよかったですね。
ところどころ主語がはっきりせず,誰がどのように行動したのかわかりにくいところはありましたが,主人公の42歳の主婦,菜穂子の気持ちに共感できるところは多くありました。
ただ,この共感は人を選んでしまうかもしれない…。
平凡な毎日を送っている主婦がドロップによって15歳の体に戻り,もう一度青春をやり直しているうちにどんどん気持ちが若返っていく姿をうらやましいと思う人も多いでしょうし,42歳の菜穂子と共感する人も多いでしょう。
でも,たとえば20代の女性が読んだとき,どこまで共感できるだろうか?もう一度15歳をやり直してみたいと思うだろうか?
職場の20代の女性からはそういう話題はあまり出てこないのです。
それよりも,結婚や育児に希望を持っている。
けれど,ある一定の年齢を超え,様々な経験をしてきた人には,主人公の気持ちがとてもリアルに伝わってくると思います。自分がかつてあきらめてしまった夢をもう一度追いかけたい。平凡な生活の中に幸せがあることに気づく。自分の子どもたちと真剣に向き合い,それぞれの夢を応援していく。15歳をもう一度経験することで,菜穂子はさまざまなことに気づき,変わっていきます。
バンドに関連する独特な用語で分からない部分はありますが,あまり気にせず雰囲気を味わいながら読んでいました。作者のバンドへの愛が十二分に出ていたので。
第1章がとてもよくまとまっていて,この章だけでも物語が成立しているようにも思いました。

さて,自分だったら,このドロップを使うだろうか?
たぶん,使わないでしょうね。
自分だけ15歳に戻っても,周りは戻らない。
わたしは自分の高校時代はとても充実していたと思っているので,もう一度高校時代に戻るのなら,あのメンバーのいる高校時代じゃないと意味がないのです。
菜穂子の場合は,親友を亡くしたことで高校時代をも失ってしまっていますから,この15歳に戻る魔法は必要だったのです。最初は親友が果たせなかった夢を叶えてあげたいという思いが強く出ていましたが,本当は自分自身の夢を叶えていくことが,菜穂子にとって,そして亡くなった親友にとっても大切だったのではないでしょうか。

余談ですが,菜穂子が娘の担任に抗議している場面は痛快でした。あんな教師,いてもらっちゃ困る(笑)。なぜ娘が教師にあのような態度を取るのか,本人とちゃんと向き合わないとね。ああいう教師に子どもはついていきませんって。
別窓 | 児童書 | コメント:4
<<忘れ物大王 | ROY草子 | ヤングアダルト大人気>>
この記事のコメント
タイムトラベル
ではなかったんですね。
てっきり、過去に戻れるのかと思っていました。
15歳か~。
私だったら、お肌ぴちぴちのあの頃に戻りたいかな、と、思い出した!
あの頃の私は、酷いニキビ面で悩んでいたんだった。
お肌に関しては、今の方がノートラブル。
自分が失ってしまった夢をもう一度追いかけたいっていう気持ちは、実は子供が産まれる前はあったんです。
でも、子どもの未来があまりに不確実(あたりまえだけど)なので、過去の自分の夢なんて思い出していられないのが、現実です。
そのあたりが問題ではないか、と最近結構考え込んでいます。
いるんですよ。
自分の身代わりに子どもの人生使おうとする親が。
私は絶対そうなりたくないもので、意識して「自分の夢」を探そうと思っているところです。
2007-07-29 Sun 22:28 | URL | ふわ #xfrMlsmQ[ 内容変更]
体が若返る
今回は,体だけ若返るというパターンでした。
15歳だと,脳みそはお休みしていても体だけは鍛えていたから,そこだけ戻るのはいいかな~(笑)。
今の自分は体力がなくて…とほほ。
>自分の身代わりに子どもの人生使おうとする親
これ,よーくわかります。
12年この仕事をしていて,自分の子どものことに夢中になりすぎている方,子どもに失敗させたくないと安全なレールを敷いてその上を走らせようとする方,自分の子どもと自分を同一化して冷静に子ども自身を見つめられない方など,さまざま見てきました。
親は,いざというときに子どものよきアドバイザーになってくれたらいいなあと思います。
2007-07-30 Mon 18:11 | URL | ROY #Uskr0pWs[ 内容変更]
ちと耳が痛い
>子どもに失敗させたくないと安全なレールを敷いてその上を走らせようとする方
これ、私です。
あまりに失敗の多い人生だったもので・・・・。(言い訳)
おまけに、親子で悪いところが似てしまって、わかってしまうんですよ、同じところで躓くってことが。
でも、親が先回りしても結局なんにもならないんですよねー。
そうは言っても、分かっているのに静観するのって、本当に修行です。
私は修行が足りません。
2007-07-30 Mon 21:03 | URL | ふわ #xfrMlsmQ[ 内容変更]
レールもいろいろ
レールの内容は,それぞれ親がどのような経験をしてきたかによって違ってきますね。
うちの場合は,勉強したくてもできなかったから,子どもにはそういう思いはさせたくないという発想から出ていましたから。
最近は,「自由」という名の放置という親も多い…。
安全レールでは,こんな例があります。

・3年生からリコーダーが始まりますが,自分の子は不器用なので,2年生からリコーダーの練習をさせた。
※この子は3年のスタート時点では上手でしたが,その後はそんなに上達しませんでした。

・いつも家の人が持ち物を全部準備してくれていたのだが,習字セットを忘れてしまった。その時の子どもの言い訳は「お母さんが用意してくれなかったから。」
※わたしは「習字セットを使うのはあなたでしょ。お母さんが習字をするのではありません。自分で使う物を持ってこなかったのはあなたなのに,用意してくれなかったお母さんが悪いのね。」と話しました。子どもはすぐに「違います。」って言いましたけれど,「あなたはお母さんが用意してくれなかったのがいけないと言ったでしょ!」とだめ押ししました。ようやく,親のせいにしたことの間違いに気づいてくれましたが,その後もよく「だって,お母さんが…」を言い訳に使っていました。
あれだけお子さんのために気を配っているのに,学校で子どもに悪者とされてしまっているお母さんが気の毒です。でも,何でも準備してあげていると,子どもは自分で準備しなくなるということにも気づいてもらいたいものです。

・図工で作るものをあらかじめ家で練習しておき,学校で同じように作る。
※これを知ったときには,さすがに唖然としました。図工の練習…こういう発想が世の中あるのですね。申し訳ないけれど,どの点を自分で創意工夫したのかがわからないので,図工の評価は高くしませんでした。
2007-07-31 Tue 07:33 | URL | ROY #Uskr0pWs[ 内容変更]
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

| ROY草子 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。