ROY草子 親の子離れ
日々思ったことを書き記したり,本の紹介などをしたりしています。
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
親の子離れ
2007-06-24 Sun 15:18
先日,知人と話していたら,娘さんが学校の宿泊学習に出かけるという話題になりました。
「最初は楽しみにしていたのに,昨日から『やっぱり行きたくない。おうちにいたい。』って泣いているんですよ。」
一人娘でいつでもご両親と一緒にいたから,遠いところで一人きり,友だちとお泊まりになるのは寂しくなったようです。
前日には,お母さんが準備を全部してあげて「ここには○○が入っているからね。こっちには××よ。」と説明したのに,「うんうん。」と生返事。
結局,彼女は宿泊学習に出かけていったのですが,後でトイレにいったお母さんがメモを見つけました。
「さびしいけど,がんばって行ってくるね。」
彼女は照れくさかったのか,トイレに置き手紙をしていったのでした。

さて,こうして子どもは何とか出発したのですが,後に残されたご両親はというと…実はこちらの方がもっと大変!
自営業で夫婦そろってお仕事をしているのですが,お客さんがとぎれると,とたんに「あの子,今頃どうしているかしら…。」と心配でたまらなくなってしまったのです。
宿泊学習の数日前から「金,土と宿泊学習でいなくなっちゃうんですよ~。」とずっと言い続けていて,娘さん以上にご両親の方が寂しくなってしまっていたのでした。
金曜日にお話ししたときには,「いつもだったら,仕事の合間に二階に上がれば,娘がいてくれるのに…今日はいなくて,寂しくてたまらないんですよ。」とお母さんはしみじみと話していました。
しばらくすると,お父さんの方は「やっぱり携帯持たせておけば良かった!そうすれば,今どこにいるかすぐわかったのに!!携帯がダメなら,お金を何万円か持たせればよかった!」と本気で言いだしました。
お客がわたしだけになり,暇になったお父さんは,暗~い顔をして折りたたみの椅子を抱きかかえ,とうとう,「おい,仕事終わってすぐにここを出ていけば,1時間ちょっとで着くよな。それで,明日の朝一番で帰れば,土曜日の仕事も間に合うよな。」と言い出す始末。
「何も連絡がないのは,楽しんでいる証拠なんですよ!!何かあれば,先生が連絡してきますって!」と言っても,全くダメ(笑)。
お母さんは「うちは,親が子離れできていないんですよ…。今回はその第一歩なんですよね。」と頭ではわかっているけれど,なかなか気持ちがついてきません。
結局,「明日は3時に学校に着くから,絶対にお迎えに行きます!学校はうちの目の前で徒歩1分かかりませんが!」と宣言し,夜中にこっそり様子を見に行くのはやめたようです。

そういえば,子離れのできない親って,とーっても身近にもいたような…。
別窓 | 日記 | コメント:0
<<ズームイン朝とマツケンサンバ | ROY草子 | 雨天コールド授業成立>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

| ROY草子 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。