ROY草子 ぼや騒ぎ
日々思ったことを書き記したり,本の紹介などをしたりしています。
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
ぼや騒ぎ
2007-05-26 Sat 19:51
昨日は,大雨にもかかわらず,帰りの会で気持ちよーく歌声を響かせてくれたお子さまたち。
さあ,帰ろうというときに,緊急放送。
「下校するのに危ないところがあるので,全員教室に戻ってください。」
みんな「へ?」と目が点。
危ないところ?それって,外に不審者でも出た?それとも通学路で大きな事故でもあった?
とりあえず,何事もなかったかのようにのーんびりと「はーい,座りまーす。」と言ったら,素直なお子さまたちは静かに座ってくれました。
教室待機と言われたから,お子さまたちには気持ちよく(笑)静かにしていてもらおうということで,「宿題やってよーし!読書してよーし!」と指示。喜んで黙々とそれぞれの活動に取り組んでくれました。
状況がわからないので,隣の教室に行ってみたけど,学年主任はいない…。
お子さまはふらふら席を立っている。
「はい,全員席に着くー。宿題やっていいから静かに待っていようね。」
こちらもすぐに静かに宿題をやってくれました。

すると,しばらくして放送第2弾。
「校舎の裏の木から煙が出ているので,指示があるまで教室にいてください。」
……はい?
校舎の裏ってどの辺り?
煙?それって火災ですか?
避難しなくていいの!?
それに,校舎裏って,わたしの車もあるんだけど…。
すると,すぐ放送第3弾。
「校舎裏に車を置いている先生は,至急移動させてください。」
……。
子どもの移動はしないの?

数分後,「○○のそばは気を付けて通って下校してください。」という放送第4弾。

○○という場所は6つの下校コース中3つが通ります。
1つは手前の信号を渡れば回避できます。
残りの2つはどうしよう?
すると,お子さまたちが「裏門から出ても帰れる!その前を通らずに行けるよ!!」
ということで,お子さまたちの案を採用。
学級の半分近くのお子さまたちと,裏門へ行きました。
そこから帰ると,確かに火元を通らず,しかも早くいつもの通学路に通じる地点へたどり着けたのです。ただ,道幅が狭いので,通学路に適さないのですが…。
さすがお子さまたち。近道や抜け道はよーく知っている!
正門から出た子たちは,大渋滞になっていたそうです。
そりゃ,4つの学年がほぼ同時に下校しようとするんだもん。無理があります。

しかし,火災なら火災だと第1報で知らせてよ…。
宿題やっている場合じゃないじゃん!
逃げ遅れたらどうしてくれるのよー!!
まずは校舎から避難するのが先でしょ!!!
子どもがパニックにならず,静かにしてくれていたのはよかったんだけど…。

結局,すぐに消防車が来てくれたので,少し木が燃えただけで済みました。電線がショートしたのが原因だったそうです。
しかし,こんなおおごとになったのに,臨時の職員会議もなく,詳しい経緯の説明もないというのもすごい…。
別窓 | 日記 | コメント:0
<<どーした,浩子さん!? | ROY草子 | オーサー・ビジット>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

| ROY草子 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。