ROY草子 『純にいちゃんの赤ちゃん』 うみのしほ
日々思ったことを書き記したり,本の紹介などをしたりしています。
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
『純にいちゃんの赤ちゃん』 うみのしほ
2007-01-03 Wed 15:42
優子の大切な母ちゃんが死んでしまった。優子はその日からちっちゃな母ちゃんとしてがんばる。けれど,やっぱり母ちゃんと同じにはなれない。純兄ちゃんは何だか様子がおかしいし…。そんなとき,ビックリするニュースがとびこんできた。

この物語には2つの大切な命が描かれています。1つは消えてしまった命。もう1つは誕生する命。
子どもを産むことには責任があります。今は,子どもを育てられない,未成熟な大人が増えていると思います。
また,大切な人を失ってしまった悲しみをどう乗り越えていくのか…。優子の家族は一度崩れかけますが,新しい命によってお互いが繋がり,悲しみを乗り越えていきます。
この本を通じて,命とは何か,子どもだけでなく大人も一緒に考えられたらと思います。
別窓 | 児童書 | コメント:0
<<『ぼく,イルカのラッキー』 越水利江子 | ROY草子 | 『砂漠の歌姫』 村山早紀>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

| ROY草子 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。