ROY草子 『しゃべれども しゃべれども』 佐藤多佳子
日々思ったことを書き記したり,本の紹介などをしたりしています。
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
『しゃべれども しゃべれども』 佐藤多佳子
2007-01-03 Wed 14:55
今昔亭三つ葉は,なぜか素人相手に落語教室を開く羽目に…。しかも,これが個性が強く困った人たちばかり!どうする,三つ葉さん!

三つ葉さんは気は短いけれど頑固。若いのにどこか古風でもあります。さらに面倒見がよい(おせっかいともいう?)のです。あまりにもいい人なのですが,落語教室の面々があまりに個性的すぎて,三つ葉さんの「いい人ぶり」も空回りぎみ。
登場人物はそれぞれ自分の信念を持っている感じがします。でも,それは他人とコミュニケーションをとるということにおいてじゃまになってしまいます。三つ葉さんも然り。
でも,どこか愛おしくなってくる,愛すべき人々なのです。
別窓 | 一般書 | コメント:0
<<『砂漠の歌姫』 村山早紀 | ROY草子 | 『ぬまばあさんのうた こそあどの森の物語8』 岡田淳>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

| ROY草子 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。