ROY草子 『ぬまばあさんのうた こそあどの森の物語8』 岡田淳
日々思ったことを書き記したり,本の紹介などをしたりしています。
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
『ぬまばあさんのうた こそあどの森の物語8』 岡田淳
2007-01-03 Wed 14:46
みんなが知っている「ぬまばあさんのうた」だけど,ふたごは本当にぬまばあさんに出会ってしまった!

こそあどの森シリーズ第8弾。
今回のスキッパーは,バーバさんからすてきなことを教えてもらいます。「石読み」ということができる人の話です。石の記憶を読みとることができるというのですが,もうその話だけでわたしは嬉しくなってしまいました。もし,ここに化石があったとして,それに触れることで化石が生きていた時代にあったできごとを知ることができたら…そう考えるとわくわくしてきます。
そして,ポットさんが思い出したおじいさんとの会話。この世で大切なことは「よく聞くこと」というおじいさんの言葉が,この物語のキーワードかなと思いました。
石を読むのも,周りの風景を見ることも,いろいろなものの声に耳を傾けることになる。
「よく聞くこと」ができれば,諍いや誤解も減るのではないのかな…。
9巻目ももうじき発売されるとのことです。
別窓 | 児童書 | コメント:0
<<『しゃべれども しゃべれども』 佐藤多佳子 | ROY草子 | 『フングリコングリ』 岡田淳>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

| ROY草子 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。