ROY草子 『フングリコングリ』 岡田淳
日々思ったことを書き記したり,本の紹介などをしたりしています。
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
『フングリコングリ』 岡田淳
2007-01-03 Wed 14:38
お父さんから教わったフングリコングリという指遊び。これをアスカに教えたら,アスカの体が浮き上がっちゃった!

集団テキストとして出版されたお話。『日本児童文学』の第46巻第4号に所収されているそうです。
フングリコングリはだんだんと指を上に重ねていく内に,だんだんと手の位置があがっていく遊びです。ふつうだったら,手を伸ばしきったところで終わりますよね。でも,アスカはこれが気に入ってしまい,終わりにできない。机の上に上がってもまだ続けてしまったのです。
フングリコングリは天井も突き抜けます。他のクラスを突き抜け,屋上も突き抜け…とうとう空まで行っちゃった!
でも,どうやったらおりられるの?
おりかたを知って大爆笑!なーるほど,確かにそうすればおりられるだろうなあ。
気に入ったのはラスト。フングリコングリをやっていると授業にならないから,これを禁止するための職員会議が開かれるのだが,どうにもまとまらない。なぜなら,校長先生がフングリコングリで会議を抜け出してしまうから。
うーん,いいなあ,これ。わたしも使いたい(笑)。
別窓 | 児童書 | コメント:0
<<『ぬまばあさんのうた こそあどの森の物語8』 岡田淳 | ROY草子 | 『トレイン探偵北斗 特急はくたかのヒロイン』 高森千穂>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

| ROY草子 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。