ROY草子 学期末スペシャル
日々思ったことを書き記したり,本の紹介などをしたりしています。
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
学期末スペシャル
2006-12-21 Thu 20:37
昨日,今日は学期末スペシャルメニュー。

第一弾は,ほぼ毎年恒例の岡田淳『ネコとクラリネットふき』の音楽付き読み聞かせ。
これ,やり始めて何年になるだろう?
初任校で3年担任の時に本を買って,その年はオルガンの音をクラにして自分で演奏し,その次の年にクラリネットふきの教頭が来て一緒に演奏してもらったなあ。もしかして…8年目?

演奏曲は,その年によって変えます。というより,何を演奏していたか覚えていない(笑)。
映画音楽シリーズのときもあれば,クラシックシリーズもある。
でも,子どもの反応が一番いいのは,やはりジブリシリーズ♪
ところが,今回は『ハウルの動く城』がなかったと子どもたちから指摘が…。
実は,あの作品はあまり音楽が印象に残っていないのです。
その代わり,風の谷のナウシカから「鳥の人」と「ナウシカレクイエム」の2曲をとってしまった。
あとは,
「カントリーロード」(耳をすませば)
「時には昔の話を」(紅の豚)
「さんぽ」(となりのトトロ)
「風の丘」(魔女の宅急便)
「君をのせて」(天空の城ラピュタ)
「もののけ姫」(もののけ姫)
「いつも何度でも」(千と千尋の神隠し)
「テルーの唄」(ゲド戦記)

この本は,猫がどんどん大きくなっていくところがやっぱり魅力。
子どもの反応がまったく違います。
身を乗り出しています。

第二弾は,本日行ったストーリーテリング。
「コカの亀」というお話。
昨年度,お子さまにやっていただいた作品ですが,今年は自分でやりましたとも!
去年さんざん聞いたから,よーく覚えているお話。
自分なりに勝手に変更したところもあるけれど。
「コカーのかーめー」の部分を一緒にやってもらったから,子どもたちもノリノリ。
参加型のストーリーテリングは,子どもたちの聞く態度がガラリと変わっておもしろいですね。
別窓 | 児童書 | コメント:0
<<学期末スペシャル2 | ROY草子 | 補助簿終わった!>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

| ROY草子 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。