ROY草子 タイムカプセル
日々思ったことを書き記したり,本の紹介などをしたりしています。
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
タイムカプセル
2006-01-11 Wed 22:33
9日は成人式。
最初に受け持った卒業生も成人式を迎えました。
タイムカプセルを埋めておいたので開けることになっていたのですが…。
実行委員からは何の連絡もなし!
しかも,当時の成人式は15日だったので,2006年1月15日に集合と卒業アルバムには書かれている…。
で,担任一同は迷いました。
いったいどちらの日に開けるのだろうかと。
実行委員がいるわけだから,基本的には子どもたちが主体になって動くものだと担任は考えていました。
そのことは,卒業前に子どもたちに伝えてあります。
ただ,母校の敷地で掘り出すわけですから,母校へは連絡を入れなくてはなりません。そこで,
「必ず実行委員は担任に連絡すること!」と申し伝えておいたのですが…結局連絡はなく,子どもたちだけで9日にタイムカプセルは開けられてしまいました。

連絡がくるはずだと待っていたわたしたちが愚かだったのか…。
担任たちは子どもたちに会えるのをずっと楽しみに待っていたのですが…。

ありがたいことに,9日の夜にタイムカプセルを開けたことを知らせてくれた子がいたので,翌日の朝一番で学校にはお詫びの電話を入れることができました。
学校からは空のタイムカプセルの再利用を逆にお願いされ,行方を調べて欲しいと依頼されましたが…。
結局,自分のクラスの実行委員には10日の夜に連絡が取れ,タイムカプセルの行方やその他当日の様子等を聞くことができました。実行委員のお母様もいろいろな情報を教えてくださったのでとても助かりました。

その後,部外者が電話で口を挟むという非常に腹立たしいできごともあり,この方とは二度と会いたくもないし,口も聞きたくないと思う状態ではありますが,それも致し方がないこと。
子どもたちが会えなくて悲しい思いをしていたと,子どもたちの側に立って連絡してきたようですが,こっちだって子どもたちと会えなくて残念に思っているしがっかりしているのです。どうでもいいなんて思っていた担任はひとりもいない!だからこそ,ずっと電話で担任同士連絡を取り合い,打ち合わせをしていたのです。そんな事情も知らずに当日の子どもの様子を見ただけでごちゃごちゃ言うな!

今日,担任同士で話したのは「今回は縁がなかったんだね。」ということでした。
またいつか,機会があれば会えるといいかな。
あと,タイムカプセルは二度とやらないと,担任一同心に誓ったのでした。
別窓 | 日記 | コメント:0
<<紆余曲折 | ROY草子 | 『ズッコケ中年三人組』 那須正幹>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

| ROY草子 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。