ROY草子 いじめと報道
日々思ったことを書き記したり,本の紹介などをしたりしています。
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
いじめと報道
2006-11-18 Sat 19:28
連日のように報道されているこの話題。
でも,わたしが子どもの頃にも「いじめ」は大きな問題になっていた。
「いじめはいけない」とどれだけ指導されてきたか。
でも,いじめはなくならない。

今回はいじめによる自殺が問題になっている。
でも,これだってわたしが子どもの頃にもあった。
教師がいじめに荷担して,子どもが自殺したこともあった。
報道だってされている。
なぜそのことが生かされないのか。

今回,自殺する人が立て続けに出ている。
これは報道にも問題があるのではないか。

文部科学省に送られた自殺予告の手紙。
これを受けて,わたしはクラスの子どもたち全員と面談をした。
同じような対応をした教師はたくさんいるはず。
でも,手紙はまだ送られ続け,自殺者も相次いでいる。
これは,報道による影響もあるのではないだろうか。
また,自殺した校長もいる。
報道で全国から注目され,非難されたとしたら…。
これもまたいじめなのではないか。
人を非難するのはたやすい。しかも,集団になれば恐いものなしになる。
それこそがいじめの基本的な構造なのに,マスコミはわかっているのか。
非難するのではなく,どうしたらよいのか,対応を考えるべきではないのか。

それにしても,文部科学省に手紙を送ったからといって,送った子の悩みは本当に解決するのだろうか。
はっきり言って,文部科学省なんて役所は現場から一番遠いところにある存在だ。
もっと身近なところで相談しないと,すぐには対応なんてできない。
手紙を送っている子たちは,そのことに気がついているのだろうか。

自殺したある子が「この学校でも自殺した人が出たらニュースになるかな」と言っていたという話を聞いた。
この子は自分の命の重さをどう捉えていたのだろうか。
そして,周囲の人々がどんな思いをするのか考えたのだろうか。

命の重さ,大切さを実感できること,人の心の痛みを知ることができること,こういった教育が一番大切なのではないだろうか。
そして,心を強くしていくことも…。

学校現場だけでなく,日本という社会,さらには世界中からいじめはなくなっていないと思う。
身分制度,部落差別など,人間は昔からいじめを繰り返しながらここまできているのだから。
別窓 | 日記 | コメント:3
<<写真追加 | ROY草子 | 積ん読の嵐>>
この記事のコメント
(軽く)いじめる方と、(軽く)いじめられる方を経験した私からすると、とりあえずは別の世界をみることですかね。
あちこちから寄せられているメッセージですが、ドラマを見たいがために(死なずに)頑張ったというメッセージは残りました。
先生や親には言いませんでしたね。親子の会話がなかったわけではないけれど、逐一学校の事を言うわけでもなく……でした。
助けて欲しいと思うパワーがあることじたい、攻めの体勢ですよね。そのままそれを待つだけでなく、自分からも動けたら──。

最近の報道に思うことは、助けない大人を責めるばかりでなく、助けをただ待ち、助けられないから命を絶つ子供たち自身が動こう、他の世界を持とうとする力を補佐する方向に動いていないことでしょうか。
メディアにはその力を引き出すこともできるでしょうに。
あぁ上手にまとまりません。でも報道がちょっとおかしいなと思っているのです。
2006-11-19 Sun 20:00 | URL | 鞠香 #4PWoEP6s[ 内容変更]
死んだら損だよ!
などと叫んでしまうのですが、私はマスコミが言うように「自殺したらマスコミが取り上げてくれて、加害者や黙殺していた人間達への復讐になる」
という気持ちで自殺する子は居ないと思います。
ちょっとでもそんな考えがある子は、結局は思いとどまると思います。
自殺予告を文部科学省に送った人も、まず絶対に自殺はしないでしょう。
もし、いじめられている本人だとしても、それだけのエネルギーがある人は、きっと大丈夫だと思います。
はっきり言いたいのは、「自殺」は絶対に復讐になり得ないということ。
いじめている側は、いじめた子が自殺してくれるのを「楽しみに待っている」んですよ。
はっきりと、そう言っています。
自殺者が出ても、反省もしないし、傷つきもしないでしょう。

自ら死を選ぶ子は、疲れ果てて居るんです。
連鎖の原因は「ああ、ここから逃れる手段として、『自殺』というのがあるんだ」と気づいてしまったからです。
マスコミが自らを「復讐の手段となる」なんて思いこんでいる発言を聞くと、腹立たしくてたまらなくなります。

身近にこの問題が横行していて、戦いを挑んでいる最中なので、つい熱くなってしまいました・

ROY先生、子供たちに「自殺なんか死に損だ」とはっきり言ってあげてください。
2006-11-19 Sun 23:44 | URL | ふわ #xfrMlsmQ[ 内容変更]
メディアのあり方
今の報道の仕方だと,いたずらに自殺を増やしているだけという気がしてなりません。それはいろいろな人が感じているようですね。
鞠香さんやふわさんがおっしゃるように,メッセージを発信している子はそれだけエネルギーがあるから逆に死なないと思います。
それにしても,自殺するのを待っているいじめた子というのは…。心が病んでしまっているとしか言いようがないですね。自分がその立場になるということは考えたことがないのでしょうか。
2006-11-23 Thu 16:50 | URL | ROY #Uskr0pWs[ 内容変更]
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

| ROY草子 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。