ROY草子 久々萬葉集
日々思ったことを書き記したり,本の紹介などをしたりしています。
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
久々萬葉集
2006-08-27 Sun 21:52
本当に久しぶりに『萬葉集』を開きました。
母から「この歌,何だっけ?」と聞かれたのです。

書家が書かれた柿本人麻呂の歌だったのですが,ところどころ読めなかったのです。
ヒントは妻の歌と対になっているということ。
あと,出だしは「か○やまの いわ…」となっていること。
相聞か挽歌かなあと思い,調べてみました。

ネットでとりあえず見つけられたので,今度は本で確認。
『萬葉集』は,本によって読み方がまったく違うことがあるからです。
明日香に行って以来だったので,『萬葉集』をどこにしまったのかすっかり忘れてしまったわたし。
とりあえず,昭和35年に出版された別の本を引っ張り出してきました。
その後,ようやく塙書房から昭和47年に出ていた本を発掘(笑)。
やはり,2つの本での表記が異なっていました。
書かれていた歌はこれでした。

鴨山の岩根しまける我をかも知らにと妹が待ちつつあるらむ(巻2・223)

対になっている妻,依羅娘子の歌はこちら。

今日今日と我が待つ君は石川の峡に交じりてありといはずやも(巻2・224)

直に逢はば逢ひかつましじ石川に雲立ち渡れ見つつ偲はむ(巻2・225)

表記が異なっていたのは(巻2・224)です。「峡」→「貝」もしくは「谷」とされていました。
萬葉仮名での表記なので,現在も読み方が判明していない歌はたくさんあります。

この歌は,人麻呂の死に際して詠まれたもの。挽歌です。石見の国(島根県)が舞台となっています。依羅娘子が詠んだ二首のうち(巻2・225)は阿川弘之作『雲の墓標』にも引用されているのだと,母がすぐに言い出しました。
わたしもこの本は読んでいたのですが,当時和歌にはまーったく興味がなかったため,見事にすっとばしてしまっていたようです(汗)。
別窓 | 古典・文学 | コメント:4
<<10年研夏休みバージョン終了! | ROY草子 | 浩子さんの新作宣伝>>
この記事のコメント
ほんに久しぶり…
いろいろ問題が生じだした「海馬」を鍛えるにはよい機会でした。歌の真髄は相聞にありというものの、心を打つのは挽歌が勝るのも事実のようです。

小さな文字は目が疲れて読む気になれないのですが、こぶたを寝かしつけて万葉の世界に遊んでみようと思います。いつかまた明日香の里の史跡巡りに出かけたいですね。
2006-08-28 Mon 08:36 | URL | 岩姫 #Uskr0pWs[ 内容変更]
新しい本を…
うちにある『萬葉集』はどれも文字が小さいものばかりなので,そろそろ新しい本を探しましょう!
なんせ,昭和35年だの,昭和47年(平成になってから購入したけど)だの…。
明日香は涼しい時季に行きたいなあ。
もちろん,解説付きで(笑)。
2006-08-28 Mon 20:18 | URL | ROY #Uskr0pWs[ 内容変更]
その時は
私も是非ご一緒させて下さい<明日香の里

今はまだ、暑いでしょうな…
京都と奈良(明日香)とどっちか暑いかと某兄さんと議論したことがありますが、どっちもどっち、まさにどんぐりの背比べっす。
夜もまだまだ寝苦しいっす…
2006-08-29 Tue 00:25 | URL | 青垣 #QygVoc82[ 内容変更]
確かに…
今日との暑さも半端じゃなかったっす…。
前に行った時には,夜だというのにとんでもない暑さでした。
こちらはだいぶ涼しくなってきました。
でも,今日はあぢい…。

明日香,ぜひご一緒に!
2006-08-30 Wed 00:07 | URL | ROY #Uskr0pWs[ 内容変更]
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

| ROY草子 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。