ROY草子 祖母のこと
日々思ったことを書き記したり,本の紹介などをしたりしています。
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
祖母のこと
2006-08-03 Thu 20:32
7月23日に父方の祖母が亡くなりました。
昨年の今頃も肺炎を起こし,危険な状態だったのですが,持ち直したので,今年も大丈夫かもしれないと思っていたのですが…。

祖母は,正確に言うとわたしから見て大叔母にあたります。
父の育ての母なのです。
でも,わたしにとっては,父が生まれてまもなく亡くなった,まったく接したことのない本当の祖母よりも,ずっと身近なおばあちゃんです。
91歳でしたが,葬儀では92歳となっていました。
数えで表すのだそうです。

自分のことは自分でというスタンスだった祖母は,80歳を過ぎるまでずっとひとり暮らしでした。

でも,足が弱くなり,数年前に同居することになりました。しばらく一緒に生活していたのですが,痴呆が進み,介護がかなり必要な状況であったため,結局施設の方へ入りました。

息子の嫁である母は「誰だかわからないけど親切な人」,息子である父は「親切な人の旦那さん」と言った祖母。
孫であるわたしたちのことは,誰だかまったくわからないようでした。
でも,猫は昔から大好きだったので,施設の部屋にはヒカルくんの写真を飾っておきました。
ヒカルを直接見たことがなかった祖母にとっては,かつて飼っていたクーというメス猫に見えていたかもしれません。

ところで,今朝方,祖母の夢を見ました。
演歌を歌っていました。
生前,祖母が歌っている姿なんて見たことはなかったのですが…。
でも,演歌は好きで,よく懐かしのにっぽんの歌というような番組を見ていました。
それが結びついたのかもしれません。
本当は歌いたかったのかな。

葬儀の場で,田舎からやってきた親戚がみんな「長いことご苦労さまでしたね。よくがんばったね。いい顔しているよ。」と声を掛けていました。
本当に,最後に病院で見た時より,ずっと穏やかな表情をしていたのです。
震災,戦争,戦後とさまざまな苦難を乗り越えて生き抜いた祖母。
ようやくゆっくりと休める時がきたのだと思います。

今,猫のヒカルが毎日祖母のお骨のある部屋に行っています。
猫好きだった人のことはわかるのかもしれません。

天国でも大好きだった飼い猫と一緒にのんびりと過ごしていることでしょう。
別窓 | 日記 | コメント:2
<<13年越しの宿題 | ROY草子 | 海外社会科巡検実施計画編>>
この記事のコメント
ご冥福をお祈り申し上げます
お祖母様のことは、どうしても自分の母と重なってしまって、なかなか言葉に出来ませんでした。
でも、いきさつやお歳を伺って、「大往生」と言ってもいいかしら、とちょっとほっといたしました。
夢で歌を歌っていらしたんですか?
「今、とても幸せよ」というメッセージをくださったようですね。
心からご冥福をお祈り申し上げます。
2006-08-07 Mon 22:59 | URL | ふわ #xfrMlsmQ[ 内容変更]
よくがんばったと思います
91歳まで生き抜いたので,大往生といってよいとわたしも思っています。
ありがとうございました。
2006-08-08 Tue 20:24 | URL | ROY(ろいぞう) #Uskr0pWs[ 内容変更]
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

| ROY草子 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。