ROY草子 長野まゆみの世界
日々思ったことを書き記したり,本の紹介などをしたりしています。
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
長野まゆみの世界
2006-01-07 Sat 12:47
長野作品で初めて読んだのは『少年アリス』だ。
NHKのラジオドラマで聴いたのがきっかけ。
でも,ラジオと原作とでは雰囲気がまったく違う。
日本風の名前なのに,世界は西洋風。
一昔前の日本のようでもある。
そう感じるのは,これでもかと散りばめられた漢字の羅列のせい。
イメージするのは宮沢賢治の作品群だ。

初期の作品はどれも少年たちの物語。
それも,ごく限られた期間の「少年」である。
成熟しない,ともすれば少女と言っても通るような少年たち。
少年の姿をしていても,彼らは性別未詳でもある。

彼らの住む空間はいつでも閉じられている。
閉じておけば,少年はいつまでも成長せずそのままでいられるから。
逆に言えば,閉じておかなければ,彼らは少年ではいられなくなってしまうのだ。

この少年たちは現実世界には存在していない。
彼らは少女の中に内包されている少年たちだから。
少女が夢見る幻想の,そして理想の少年。
彼らは少女を傷つけたりしない,無害な存在だから内包できる。

少年たちは少女が創り出した箱庭でしか存在できない。
少女が少女でなくなるとき,この世界は崩壊する。
少年はもはやその役目を持たなくなるから。

と考えていて,似たようなことをかつて書いたなと思った。
荻原作品に出てくる,少女を内包している少年たちと似ているかも…。
少女と少年が逆転しているけれど。
別窓 | 一般書 | コメント:0
<<犬猫冬の過ごし方 | ROY草子 | ハウルの動く城>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

| ROY草子 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。