ROY草子 『少女海賊ユーリ9 流星の歌』 みおちづる
日々思ったことを書き記したり,本の紹介などをしたりしています。
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
『少女海賊ユーリ9 流星の歌』 みおちづる
2006-06-18 Sun 20:56
ユーリシリーズもいよいよ9巻目です。今回の巻末には挿絵の永盛綾子さんのコメントが載っていて,1巻目が出版されてから5年が経っていることに初めて気づきました。そういわれてみると,この本は前任校で6年を担任したときに子どもたちから大好評だったので,好きな理由を聞いたことがあったなあ…。その時には,2巻目辺りまで出ていたのを覚えています。彼女たちは,自分もこんな冒険がしてみたいと思っていたのでした。

その冒険もそろそろ終わりが近づいているようです。最大の敵,ボルドの目的が明らかになり,ユーリに対する気持ちもわかりました。それを知ると,何だかボルドが気の毒になってきます。でも,今のボルドの思いは歪んでいるもの。そのままでよいわけはありません。
また,ノエルとユーリの関係も明らかになってきました。ノエルはユーリのご先祖になるのです。ユーリはノエルが指輪に記した「まことの幸せ」とは何かを聞いてみたいと思っていたというのです。でも,今のノエルにはそれはわからないようです。なぜなら,指輪にはまだ何も記してはいないのだから。おそらく,ノエルが大人になったときに指輪に記したのでしょう。

今回のお話を読んでいて思い浮かんだのは,「天空の城ラピュタ」「宮沢賢治」です。なぜかって?それは読んでみてください♪

ユーリを助け,新しい未来をひらくため,みんなの気持ちがひとつになったところで,今回のお話はおしまい。次回の発売予定は,来年の3月…。先が気になってしかたがありません!無理は承知ですが,もっと早く出してほしい!!
別窓 | 児童書 | コメント:0
<<すごい水泳計画! | ROY草子 | 『妖怪ナビ・ルナ8 白銀に光る剣』 池田美代子>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

| ROY草子 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。