ROY草子 『オバケだって,かぜをひく!』 富安陽子
日々思ったことを書き記したり,本の紹介などをしたりしています。
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
『オバケだって,かぜをひく!』 富安陽子
2006-06-18 Sun 19:46
鬼灯医院にはかわったお医者さんがいる。世界でたったひとり,「オバケ科」の専門医の鬼灯京十郎先生だ。あの日,ボタンを拾わなかったら,ぼくは鬼灯医院に行くことはなかったはず…。

オバケ科という発想がまずおもしろい!オバケも病気になるのかあ…。
「ゲゲゲの鬼太郎」では,オバケは病気をしないと言っていた気がするのですが…(笑)。
鬼灯京十郎先生の病院「鬼灯医院」はこの世界とは別のところにあるようです。オバケが住む世界なのか,その中間点なのか…。
CLAMPの『ホリック』というマンガをちょっと思い出してしまいました。

それにしても,この鬼灯先生は不思議な人です。鬼の予防注射をするために,偶然やってきた恭平(主人公)をうまく使ってしまうのですが,悪いことを考えているときには目が泳ぐというか…(笑)。
何だか憎めません。

無事に帰ってきた恭平ですが,この後,また鬼灯医院に行くことになるんじゃないかなという気がします…。

イラストは小松良佳さん。お話にピッタリのイラストです。
別窓 | 児童書 | コメント:2
<<『ヒカリとヒカル』 夏緑 | ROY草子 | マンガの新刊&『ゆきのはなふる』>>
この記事のコメント
マンガのようなお話でしたよね。つるっと読めました。
小松さんの絵がなんともマッチしていました。
あとこのコンビの『竜の巣』を狙っています。

「大 あばれ山賊小太郎シリーズ」を読了しましたよ。
気持ちのよい終わり方で、3冊がしっかり”楽しい作品”としてまとまっていて良かったですわ。
皆があまりに活き活きしていたので、マメ太や剣之介が主人公のお話が読みたくなってしまいました。
只今 『ダ・ヴィンチコード』を目の前にして『裏庭』(梨木香歩)読破中。マイペースな読書は、世の流行から完全に取り残されています。ハリポタもまだだ(笑)
2006-06-19 Mon 19:31 | URL | 鞠香 #4PWoEP6s[ 内容変更]
良佳さんの絵
良佳さんのイラストと富安陽子さんのお話のイメージがちょうどぴったりくるのでしょうね。『ほこらの神さま』以来,このコンビの作品に注目しています。
「小太郎シリーズ」は読んでいてスカッとしますね。1冊目と残り2冊目の間に20年もの年月が流れているとはとても思えない!この作品は,良佳さんのイラストでさらに魅力的になったようにも思います。
『竜の巣』もおもしろいけど,個人的に鬼灯医院の方が好み♪

マイペース読書,大歓迎♪
わたしもマイペース読書をしています。
話題の本なんてちーっとも読んでいない(爆)。
ハリポタは…うーん,数年前に読むのをやめました(汗)。
まったりのんびり読書もやっていて,『風町通信』なんて,なぜか1年以上かけて読んでいる(笑)。非常にツボなんですけどね,この作品。なぜかゆーっくりと読んでしまいました。
といいながら,『ゲド戦記』を読み返して,この夏に備えていたりもする…。
2006-06-19 Mon 20:43 | URL | ROY #Uskr0pWs[ 内容変更]
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

| ROY草子 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。