ROY草子 言葉遣い
日々思ったことを書き記したり,本の紹介などをしたりしています。
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
言葉遣い
2006-05-27 Sat 10:44
昨日は国語の校内授業研。
いろいろな授業を見せてもらったが…それぞれ工夫,苦労をしているんだなあと思った。授業者はとても一所懸命にやっている。

でも,よりどころとなる主題(もしくは仮説)がはっきりしていないから,どんな授業を展開しても結果が見えないというか,よくわからないというか…。
何で目の前の子どもの実態に合わせて目指す児童像を設定しないのだろう。とても無駄なことをしている気がしてならない。

さらに,話し合い中の若手の話し方にも気になるところが多々あった。
授業を見せていただいたのだから,まずはお礼を言うべきなのに,一言もなし。
国語の授業研の討議で「ちがくって」「すごいわかる」「言ってる」を連発。
……おーい,それを子どもの前でも言っているのか?
文法をどう教わってきたのだろう…。
子どもの指導の前に教師の国語力を上げないといけないのではないか。
若手で集まって自主研修をしているようだが,それ以前の問題だと思う。自分たちの言葉遣いが正しい日本語なのか,先輩に確認してもらった方がよいだろう。でも,子どもたちが教師に「ごくろうさまでした」と言っていてもまったく気にならない教師集団では,どうしようもないかもしれない…。
別窓 | 日記 | コメント:0
<<きらきら星 | ROY草子 | 怪獣のバラード(こぶた編)>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

| ROY草子 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。