ROY草子 『ふたりでひとり旅』高森千穂
日々思ったことを書き記したり,本の紹介などをしたりしています。
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
『ふたりでひとり旅』高森千穂
2006-05-06 Sat 22:28
道路に飛び出したとたん,車に跳ねられそうになった達也。でも,不思議な力に引っぱられて助かった。それは…真一というゆうれいのおかげだった!
ゆうれいの真一は達也の体の中に入り込んでしまいました。そして,3つの願いが叶ったら出ていくというのです。その願いとは…。
旅の始まりは見かけ上は達也のひとり旅。でも,本当は真一とのふたり旅。だから,心配もあまりなく,初めての知らない場所でも平気で行けます。でも,3つ目の願いを達也にたくした真一は,旅先で消えてしまいます。
帰りは本当のひとり旅となった達也。でも,このわずかな時間で達也はぐんと成長していました。
自分で時刻表を見て,プランを立てて…。
真一の願いはとても切ないものだったけれど,達也がそれをきっと叶えてくれると信じていたのでしょうね。
このお話は,鉄道好きな方にとてもお薦めです。
別窓 | 児童書 | コメント:0
<<『レールの向こうへ』高森千穂 | ROY草子 | 『怪盗ファントム&ダークネス EX-GP3』藤野恵美>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

| ROY草子 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。