ROY草子 2014年12月
日々思ったことを書き記したり,本の紹介などをしたりしています。
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
今年もお世話になりました
2014-12-24 Wed 17:29
少々早いですが…。
今年もお世話になりました。

読んだ本の更新は読書メーターに移行しつつあります。
そのため,こちらへのUPがどんどん遠のき…(^^;)

今年度は5年の担任をしています。
(今頃書くことか…!?)
昨年度から,受け持っている学年でいろいろとあり…。
年齢を重ねると,職場でもそれなりの立場になったり,仕事内容が増えたりと忙しくなりました。
また,体調も思わしくないことが多く,なかなかハードな1年でした。

よいお年をお迎えください。
スポンサーサイト
別窓 | 日記 | コメント:0
『東京駅をつくった男』大塚菜生
2014-12-24 Wed 17:21
東京駅開業から100年。赤れんがの駅舎をつくったのは,いったいどんな人なのだろう…。

建築家である辰野金吾。今では当たり前のように使われている「建築」という言葉も,当時はまだなかったそうです。こつこつと努力して,100年の時を超えてもずっと愛され続けている東京駅をつくった金吾。彼がずっと持ち続けていたのは「他人が自分を認めてくれないことをなげくより,自分に能力がないことを心配しないといけない」という思い。この言葉がとてもずしりと心に響きました。
金吾のアイディアがたくさん散りばめられている東京駅。今度行ったら,じっくりと見てきたいな。
別窓 | 児童書 | コメント:0
『パンプキン! 模擬原爆の夏』令丈ヒロ子
2014-12-24 Wed 17:19
「パンプキン」はアメリカ軍が原爆を落とす練習をしたり,爆弾の軌道や特性を調べたりするために作った,原爆そっくりの爆弾。核分裂は起こさないけれど,爆弾であることは間違いなく,多くの人が犠牲になった。「パンプキン」が落とされたのは,1945年7月20日から8月14日まで,日本中の30都市49カ所にのぼる。長崎に原爆が投下された後も,「パンプキン」は愛知県に落とされている。

長い間読もうと思いつつ読めずにいた本。
模擬原爆があったという話は知っていましたが,詳しいことは知らずにいました。
この物語では,模擬爆弾のことだけではなく,原爆を作るために働いた人たちの被曝のことや,それぞれの国の人たちの考えについてもふれています。
何か起きたときに「誰のせい」と責任を追及することが多いけれど,よくわからなくなってくることも多々あります。戦争もその一つではないかな…。誰が悪いとかそういうことではなく,混沌としているけれど,この世界でみんなが幸せになれたらいいのに…そんなことを考えました。
児童書だけれど,大人にも読んでほしい本です。
別窓 | 児童書 | コメント:0
| ROY草子 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。