ROY草子 2013年12月
日々思ったことを書き記したり,本の紹介などをしたりしています。
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
今年もあとわずか
2013-12-30 Mon 21:38
まったく更新できていないのですが…。

今年も残すところあとわずかとなりました。

今年は新美南吉生誕百周年でした。
前回書いた『ごんぎつね』の短歌を南吉記念館に送ったところ,
心温まるお返事を館長さんからいただくことができました。

また,本の感想も短歌や俳句(季語なしになりましたが…)にし,作者に送りました。
子どもたちは「短歌の方が感想が伝えやすい。俳句じゃ文字数が少なすぎる!」と言うようになりました。

自分の思いを31音という短い言葉でいかに相手に伝えるか。
言葉を吟味しなくてはできません。
子どもたちは,必死になって言葉を選び,考えて詠みました。
思った通りに伝わらなかった子もいましたが,
「そこまで考えずに詠んだのに,そんな風に思ってもらえてよかった。」
と感想を述べていました。

どんな作品にも言えることだと思いますが,作者には伝えたい思いがあるけれど,読み手は自分なりの読みをします。
それがあっているかどうかは,読み手にとってはどうでもよいのです。
作者の意図したところとは違う部分に感動することだってある。
また,読んだ時期,年齢によって登場人物のどの視点に寄り添うかも違ってくる。
同じ本でも,読む状況によって違う受け止め方を読者はします。
それも読書の楽しさかと思いました。


秋には,ふらりと明日香へ行ってきました。
本当は薬師寺の水煙を見るのが目的でした。
もちろん,最初に見てきましたよ!
でも,秋の明日香は初めてだったので,これまた楽しめました。
今年は春にも明日香へ行ったので,初めてすべての季節の明日香を満喫してこられました。
地図なしでも明日香村をまわれるようになりました!

では,皆様,よいお年を。

薬師寺水煙

甘樫丘から見た大和三山
スポンサーサイト
別窓 | 児童書 | コメント:0
ごんぎつね 再び
2013-12-01 Sun 19:57
今年も「ごんぎつね」を読みました。
感想には3つの視点があり,「ごん」「兵十」「読み手」に分かれることを最初に確認しました。
最初は「かわいそう」という感想が多かったのですが,読み進めていくうちに「かわいそう」という読み手視点はいつのまにかなくなっていました。
それよりも,「ごんの気持ちが伝わってよかった」「ごんを撃ってしまった兵十は後悔しているはず」「早く気づけば友達になれていたかもしれない」といった感想が多くなりました。
また,「兵十にようやくわかってもらったのにお別れになってしまって,どちらも悲しんでいる」という意見も出ました。
最後に,一番心に残ったことを短歌にまとめ,互いに読み味わいました。同じように読み進めたのに,感じたことはさまざまであること,自分にはなかった視点で読んでいる子がいたこと,逆に同じ考えを持っている子がいたことなど,いろいろなことに気づいた子どもたち。短歌を通じて,ごんぎつねの世界を再度味わうことができました。
別窓 | 児童書 | コメント:0
| ROY草子 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。