ROY草子 2013年04月
日々思ったことを書き記したり,本の紹介などをしたりしています。
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
『薔薇色プリンセス・レッスン』 山本瑤
2013-04-29 Mon 11:42
私は何者?私の居場所はどこ?

山本瑤の作品に出てくるヒロインは基本的に守ってもらうお姫様ではなく,自分で考え決断することのできる女の子。ちゃんと成長していくし,自分らしさを見つけていく。読んでいて気持ちがいいですね。
荻原規子『西の善き魔女』が好きな方には抵抗なく読めるかもしれません。

もったいなかったのは,タイトルが内容とあっていないところ。今どきのコバルト文庫は,こういうタイトルじゃないと読者を惹きつけられないのだろうか…。このタイトルでは,一定の読者層にしか読まれないかもしれません。
スポンサーサイト
別窓 | 児童書 | コメント:0
『海の娘が生まれるところ』 山本瑤
2013-04-29 Mon 11:27
死んでしまった弟にもう一度会いたい!
私のせいで死んでしまった弟に…。

久しぶりにコバルト文庫を読みました。
コバルトを児童書の分類にしてよいのかどうか迷いましたが…これはYAでよいかなと思います。
『古事記』の世界観が使われているところが私好み。
荻原規子や倉本由布の神話世界をベースにした作品に通じるところがあるかなと思いました。
最近のコバルト文庫は読んでいませんが,このような作品があることにホッとしました。
ラストは,作者の方で2通り考えていたようですが,これしかないという終わり方だと思います。
別窓 | 児童書 | コメント:0
『魔女のシュークリーム』 岡田淳
2013-04-29 Mon 11:19
ダイスケが大好きなのはシュークリーム。もっと食べられたら…。
え!?百倍のシュークリームを食べてもいいの?

シュークリームを百倍食べてもいいと言われると…ちょっと胃もたれしそうですが,子どもだったら嬉しいと思うかも。
しかも,このシュークリームを食べるのは立派な人助け…ならぬ生き物助け。百倍食べねばならぬのです。
スイーツ好きな人だったら喜んで挑戦しそう。
別窓 | 児童書 | コメント:0
マイスター,マスター
2013-04-29 Mon 11:13
我が家では,父がコーヒーをいれている。
しかし,「マイスター」と声をかけないと動かない。
「マスター」ではダメなのだそうだ。
「ドイツ語と英語の違いで,言っていることはどっちでも同じじゃん。」
というと,
「違う!マイスターは職人でマスターは店長だ。俺は店長じゃない!」
うーん,「マスター」にも職人とか,技術を極めた人という意味があると思うんだけどなあ。
不思議な父のこだわりである。
別窓 | 日記 | コメント:0
今年は4年生
2013-04-29 Mon 11:11
今年度は4年生の担任です。
岡田淳『ネコとクラリネットふき』『フングリコングリ』を読み聞かせたら大喜び!
かわいい4年生です。

さて,先日隣のクラスであったできごとを…。

掃除開始のあいさつをした直後,
Aくん「やり直します!」
みんな「?」
(とりあえず,整列し直す)
Aくん「礼!」
みんな「お願いします!」
(Aくんは即,黒板消しクリーナーの電源を入れた)
「「ウィ~ン!」」
(すぐ電源を落とす)
「「イィ~ン…」」
Aくん「ね,ね,甲子園みたいじゃね?」

この現場に居合わせたかった!
Aくんのこのセンス,すばらしい(*^_^*)
うちのクラスに引き抜きたい!!
昭和のガキ大将と異名をとるAくんは,みんなの人気者なのです。
別窓 | 日記 | コメント:0
| ROY草子 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。