ROY草子 2012年08月12日
日々思ったことを書き記したり,本の紹介などをしたりしています。
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
2012夏仙台
2012-08-12 Sun 11:13
8月8日から8月10日まで,仙台方面へ行っていました。
仙台市博物館で,町と丁の違いを教わりました。
地名に「一番丁」など「丁」がつくところは,もともと武士が住んでいたところ,「町」とつくところは足軽,商人,職人が住んでいたところなのだそうです。
仙台には「丁」がつく地名がかなり残っていますが,これで当時の城下がどのようになっていたのかよくわかるのです。
地名って重要ですね。
市町村合併などで昔ながらの地名が消えてしまうことがあるけれど,しっかりと残さないといけないなと思います。

七夕飾りも見事でしたよ。仙台の七夕には「七つ飾り」と呼ばれるものがあります。吹き流しもその1つですが,こちらが派手で目がいってしまいますね。
7つは以下の通り。
折り鶴(長寿),きんちゃく(貯蓄),くずかご(倹約),投網(豊漁),短冊(書道や学問の上達),着物(裁縫の上達),吹き流し(機織りの上達)です。
仙台七夕
スポンサーサイト
別窓 | 日記 | コメント:2
| ROY草子 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。