ROY草子 2012年01月
日々思ったことを書き記したり,本の紹介などをしたりしています。
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
濱野京子×西山利佳 トークセッション (戦争を扱った作品について)
2012-01-22 Sun 13:23
昨日,柏の本屋「ハックルベリーブックス」で児童文学作家の濱野京子さんと評論家で『日本児童文学』の編集長である西山利佳さんのトークセッションに参加してきました。
ご本人達曰く「おしゃべり」とのことでしたが,戦争児童文学について,いろいろと考えるところがありました。

昨年9月に大阪で開かれたシンポジウムで今江祥智さんの話を少し聞いたのですが,「戦争児童文学」という括りで書いているのではなく,書いた話の中にたまたま戦争という背景があり,その時代を生きた子どもの姿が書かれているというようなことをおっしゃっていました。
そのようなスタンスの方もいれば,戦争を意識して書いている方もいらっしゃいます。
子どもの頃,教科書には戦争を扱った話がどの学年にも載っていました。おそらく,「平和教育」という意味合いがあったのではないかと思います。でも,今は4年と6年の教科書(教育出版)に載っているだけ。しかも,位置づけは「命の尊さ」もしくは,「願いを受け止める」といったことになっています。背景として「戦争」があるけれど,読む内容は「親の子どもに対する願い,思い」なのです。
では,どこで戦争について子どもたちは学ぶのか。
6年生の社会科では間違いなく扱います。けれど,それだけでよいのだろうか…。

戦争について考える機会は,たいてい夏ごろです。原爆,終戦…。わたしも夏休み前に時間が少しできたところでブックトークをします。でも,沖縄戦,空襲など,本当はいつでも考えることはできるはず。

子どもの頃に教科書に載っていた戦争を扱った話は,「かわいそうなぞう」「かあさんのうた(夜のくすのき)」
「一つの花」「お母さんの木」「川とノリオ」でした。どれも被害者という立場から,戦争の悲惨さ,悲しさを書いているように思います。
けれども,同時に日本は「加害者」であることも忘れてはならないと思うのです。
では,子どもたちはそれをいつ知るのか。
わたしは3年生の時に「かあさんのうた」を読み,原爆のことを知りました。担任の先生は『はだしのゲン』を学級文庫に置いていました。そこから,戦争関連の本を多く読むようになりました。『碑』も4年生の時に読んでいます。
でも,小学校4年生の時に読んだ乙骨淑子『ぴいちゃあしゃん~ある少年兵のたたかい~』で加害者としての立場を知りました。それまで,被害者としての立場からしか戦争を認識していなかったので,これは大きな衝撃でした。6年生で赤木由子『二つの国の物語』を読み,さらに加害者としての日本を意識しました。
けれど,中学生になっても,教科書で読んだのは被害者としての戦争を扱った作品だけでした。
教科書で加害者の側の立場を意識した作品を読んだのは,高校生になってからです。栗原貞子「うましめんかな」と「ヒロシマというとき」が同時に掲載されていたのです。
自分で『ぴいちゃあしゃん』を読んでいなかったら,わたしは高校生まで「日本は戦争の被害者だ」という認識でいたのかもしれません。

その経験があるから,わたしは子どもたちに被害者と加害者の両方の立場を教えます。謝罪するかどうかではなく,わたし達の国はかつてそのような過去を経験してきているのだという事実を伝えます。戦争はどちらか一方が被害者になるのではなく,加害者でもあるのだということ,そうならないためにも,戦争という道は選ぶべきではないことを子どもたちに教えていきたいと思うのです。
スポンサーサイト
別窓 | 児童書 | コメント:0
ありがとうございました
2012-01-21 Sat 15:04
初任の時にお世話になった教頭先生が亡くなった。
教頭先生とは4年間一緒に仕事をした。私が学級通信を出すたびに目を通してくださった。最初の1年は、ご自分が作った学級通信を貸してくれ、参考にしなさいと言ってくれた。郡の国語研究部の会報に、コラムを書かせてくれたこともあった。杉みき子『加代の四季』についての文章だった。
二年目は子どもたちがよくガラスを割った。壁に穴も開けた。もちろん、わざとではない。しかし、壊したのは事実。謝りにいった子どもたちに「しょうがねえな」と言い、応急処置をしてくれたり、一緒に穴を修繕してくれたりした。
勤務時間外には遊びに誘ってくれた。負けない麻雀の打ち方、大井競馬場のトゥインクル…。管理職なのに堅苦しくなく、楽しい職場を作る人だった。だから、今でも当時の同僚たちとの付き合いがずっと続いている。
何にでもチャレンジしてみろと後押ししてくれる人でもあった。いろいろなことをやらせてくれた。
お通夜のあと、姐さんたちと一緒に話をしたが、出てくるのはつい笑いだしてしまうような思い出ばかり。今頃、「またつるんでバカなことやってるな。」って空の上で苦笑いしているはず。
ありがとうございました。
別窓 | 姐さんといっしょ | コメント:0
届けました!
2012-01-10 Tue 21:56
子どもたちにお返事を渡しました。みんな目を輝かせて読んでいました。やはり、紙媒体でもらうお返事は、子どもたちにとって何よりも嬉しいことです。お忙しい中、本当にありがとうございました。
別窓 | 児童書 | コメント:0
子どもたちの手紙
2012-01-09 Mon 21:28
子どもたちの手紙にお返事くださった皆様へ。
お忙しいところ、ありがとうございました。明日、渡します!
別窓 | 児童書 | コメント:0
原発に関するツイート
2012-01-08 Sun 17:31
ツイッターで,原発に関するツイートを見かける。
「脱原発」という人たちは,読んでいてマイナスイメージを受けるツイートを連発でしている。
今,原発に関してプラスイメージがあるとは思えないが,読んでいるとどんどん不安感が募ってくるものが多いのだ。
なかには,根拠がよくわからないものもある。

反対や批判をするのは容易い。それならば,代案を提示すべき。
声をあげないのは,放射性物質に対し関心がないからではない。
「危険だから逃げろ」と言われても,逃げた先での仕事は?生活は?
それ以前に,どこに逃げれば安全だと言い切れるのか?
教員の私にとって仕事を捨てるのは,子どもを見捨てることと同じだ。

善意で「危険だ」と情報を流しても,立場によって受け止め方は違う。
危険だとされた地域の人間は,情報が入ってくるたびに不安は募っていくのだ。
不安に押しつぶされそうになり,それでも生活している人たちがたくさんいることも知ってほしい。
情報に翻弄され,パニックになっている友人もいるのだ。

パニックになっている友人に仲間が言った。
「放射能で体を壊す前に,心が壊れるじゃないか。」
「逃げた先で慣れない生活をすることもストレスになるぞ。」
友人にどれだけ響いたのかはわからない。
それでも,全員一致していたのは,「原発はいらない」という考えだ。

自分で実際にその場で生活していないのに,
「危険だ」「脱原発だ」
と叫ばず,せめて,実際にその地に足を運び,自分で確かめるなり,生活するなりしてから
「危険だ」
と言ってほしい。
少なくとも,安全と言われる場所にいる人から
「危険だ」「脱原発だ」
と言われても,説得力を感じない。
だって,この不安感はわからないでしょう?
別窓 | twitter | コメント:0
『できることをしよう。』 糸井重里 ほぼ日刊イトイ新聞
2012-01-08 Sun 17:24
「みやぎびっきの会」の会報に,気仙沼のある小学校の様子が載っていた。私の勤務先もそうだが,小学校では,学習に使う教材(生活科,理科の観察や実験のキット,図工の版画板,掲示用のクリアファイル等)を保護者に負担してもらって購入しているところが多い。アサガオの種や植木鉢も同様だ。
でも,この学校では,震災で児童の家が全壊してなくなったり,保護者の職がなくなったり,給料を減額されたりしているため,保護者にお願いできないでいたそうだ。今回,びっきの会からの支援で,1年生は生活科の学習である,アサガオを育てる活動ができたとのこと。
自分の勤務している小学校も多少校舎の損壊はあり,体育館が使用できない時期もあったけれど,なんとか授業をこなしている。1年生は,自分のアサガオを一所懸命育て,嬉しそうにしていた。同じ1年生,同じ喜びを被災地の1年生にも味わってほしい。1年生だけではなく,子どもたちみんなに。
今回の震災で,多かれ少なかれ,教育活動に支障の出ている学校は数多くあるはず。自分の職場もそうだ。友人が勤務する浦安の小学校は地盤沈下で60cmくらいの段差がある状態だ。地割れもある。でも,それが改善されるわけではない。そんな状況で学習している学校が山ほどあるのだ。
復興はまだまだこれからで,長い年月が費やされる。支援も長く続けることが重要になるはずだ。瞬発力より持久力。それぞれが「できること」を続けていけばよい。前向きな気持ちで,目の前にある「できること」を。

『できることをしよう。』(糸井重里,ほぼ日刊イトイ新聞)より。
糸井氏:ぼくたちは生きている人のためだけに語っていたけれど,復興は死者も生者も含めてのものなんです。
    (中略)せめてできることが,「忘れないこと」だったんですよね。

震災から10ヶ月,何が大切か考えさせられた。
別窓 | 一般書 | コメント:0
明日まで冬休み
2012-01-08 Sun 17:11
今年もよろしくお願いします。

この冬休みは例年より長くなっています。
10日から学校が始まります。

1月1日に恒例の成田組新年会がありました。
高校の同窓生の集まりは複数ありますが,成田組新年会ほど行き当たりばったりなものはありません(爆)。
1月1日午後5時半,メールが届きました。
「新年会,7時半JR成田改札集合」
…はい?
日付がないけど?
すぐ返信。
「いつの話?今日?」
「もちろん,今日だよ♪」
……あの,もう夕飯支度しちゃっているんだけど…。
まあ,どうせ軽い物食べて飲んで,成田山に行ってお参りし,また軽い物食べて飲むというパターンだから,
家で食べていってもいいか。
しかし,2時間後に集合って,どうなんでしょ(笑)。
成田組とはいえ,私だけ成田から離れているんだけどなー。
だいたい,メンバーのうち1人が熱出したというので,今年の新年会は不透明だと言い出したのは,同窓会の幹事も兼ねているB氏。
これは開催されないかもと思っていたところに,この連絡。
結局,あまりの寒さに,珍しく先にお参りし,その御利益か(笑)おみくじで「第一番大吉」をひきました♪
こんなこともあるんだねえ。
でも,吉のB氏よりも書いてある内容は今ひとつ。どういうことじゃ!?
別窓 | 日記 | コメント:0
| ROY草子 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。