ROY草子 2008年11月27日
日々思ったことを書き記したり,本の紹介などをしたりしています。
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
何故,長野まゆみ?
2008-11-27 Thu 19:01
ある小学校に長野まゆみの本が置いてあった。
『学校ともだち』はまだいいとして,『夜啼く鳥は夢を見た』『天体議会』は小学生が読めるんだろうか…。『夏帽子』はその一部が中学3年の教科書に載ったことがあるが,小学生にはやはり無理だと思う。抽象的な表現が多いのと,旧字体や旧仮名遣いが出てくるところも受け付けにくい。
基本的に長野まゆみの本は,小学生向けとは思えない。中学生から高校生くらいの「読む女の子(荻原規子が言うところの)」向けかもしれない。
あの閉じられた独特の世界から連想するのは,谷山浩子,竹宮恵子,萩尾望都…かな。

自分が初めて『少年アリス』を読んだのが高校3年生だったから,違和感なく読んでしまったけど…。
小学生だったら手にしたかなあ?
NHKFMのラジオドラマで聴いたのがきっかけだったんだけど。部活を引退する直前だったからよーく覚えています。
スポンサーサイト
別窓 | 児童書 | コメント:2
| ROY草子 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。