ROY草子 2008年10月
日々思ったことを書き記したり,本の紹介などをしたりしています。
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
フングリコングリ遊びは終わらない
2008-10-31 Fri 20:50
今日は図書室を使える日だったので,本を借りに行きました。
少々時間が余ったので,今日は岡田淳「フングリコングリ」をストーリーテリングでやってみました。
実は,本が手元になかったからなんだけど…(汗)。
フングリコングリは,手遊びの名称です。
本当は名前なんてないんだろうなあ,わたしも知らないや(笑)。
それを,お話に出てくる男の子のお父さんは,「フングリコングリ」と命名してくれたのでした。
フングリコングリをしているうちに,1年1組の教室から天井を通り抜けてしまったアスカさん。
それを追いかける先生。
とうとう,屋上まであがり,空へ浮かんでしまいました。
おりる方法は,わたしが言う前に子どもたちがすぐに思いつきました。
「逆にすればいいんだよ!」
さすが1年生。
ピンポーン♪

さて,このフングリコングリ遊びが,教室に戻ってからもずーっと続いたことは言うまでもない…。
真剣に「浮かばないかなあ」とやっている子も多数。
いつか浮かべるといいよね!
スポンサーサイト
別窓 | 児童書 | コメント:0
書を見つめるヒカルくん
2008-10-28 Tue 20:45
なぜかじーっと書を見つめている…。
書の良さがわかるのか?
書を見つめる

さらに,ソメゴローと一緒に昼寝するヒカルくん。
仲良しになったのかな?
染めちゃんと一緒 お昼寝
別窓 | 犬・猫 | コメント:0
姐さんといっしょ in 船橋
2008-10-26 Sun 19:13
昨日は授業参観で出勤だったので,姐さんsとの会合には遅刻していきました。
船橋に行くのは本当に久しぶり。
1年くらい市役所近辺の事務所で仕事をしていた時は,駅周辺もかなり歩いたのですが,今の仕事をするようになってからはまったく行かなくなっていました。
行ったのは,船橋の立ち飲み屋。
ビールケースを2つくらい積んで,上に台を載せたテーブルで立ったまま飲んでいる(笑)。
でも,おいしいんですよ~。

夏休みにマチュピチュに行った2名のうち1名は,見事に高山病になったそうです。
ひどい頭痛で動けなかったらしい…。
体育主任までやり,体力には一番自信があったHさんですが,高山病にはあまり関係ないようです。
むしろ,絶対この人は危ないでしょうと思われていたT姐さんの方が元気で,ツアーに全部参加できたとのこと。身長165cmに対し,体重40kgを切る姐さんなのに…。
2人とも言っていたのは「起きあがる時も,荷物を取るのに屈んだり立ちあがったりする時も,ゆっくり動かないといけないんだよ。でないとねえ,脈があがっちゃうんだよ~。」
つまり,脈が速くなり,ドキドキしちゃうということらしい。気づくと,深呼吸しているのだそうだ。
Hさんは相変わらず錠剤が飲めず,シロップならOKという人なので,こんなにひどい頭痛でも薬を飲まなかったそうです。
「いやあ,一箱飲まれちゃうことはあっても,薬を飲むのはダメだよ。」
……そういう問題か?
すると,T姐さんは「一箱飲まれる?何が?」と真顔で聞いてきました(笑)。
本当にわからなかったらしい。
……T姐さん,すみません。黒い心を売りさばくあなたにも,わからないことがあるとは思いませんでした(爆)。

そこから話題は,ひたすら異動へ。
すると,最強のSおねいちゃんがHさんに言いました。
「うちへおいでよ!副社長とプライベートで仲良しなんだからさ♪」
「……遠慮します。」
そう,Hさんはプライベートなご趣味で,Sおねいちゃんの職場の副社長とバッタリ出会すんだそうだ。
何も同じお店にいなくても…ねえ(笑)。
これで,職場が同じになったら,副社長が仕事中に「今日はどの台狙う?」なんて言い出しそうだというので,一同大爆笑。
なお,Hさんは,本気で嫌がっていたことを付け加えておきます。
さらに,台は自分でよく見て選ぶので,他の人にあらかじめキープしておいてもらうことはないとのことです。
うーん,さすが。
あら,異動の話じゃなくなっていましたよ(爆)。
T姐さんも異動すると言っていて,彼女だけは違う事務所の管轄。でも,SおねいちゃんもHさんもそっちで講師経験があり,どの職場にも詳しかった(笑)。
いや,あちらはすごい世界ですよ,本当に。
警察とお友だちになれるというから…。
まあ,今の職場でも警察のお世話になる人はいますけどね…。
この頃は,警察のご厄介にはならないでくれているので,こちらも助かります。

今回異動しないのはSおねいちゃんだけですね,たぶん。
別窓 | 姐さんといっしょ | コメント:0
怒りの鎮め方
2008-10-18 Sat 15:45
何か妙案はないものか。

昨日は,体調不良にまで陥った。

学年会議で,来週土曜日の授業参観までに,絵と工作と書写の作品を全部掲示することになった。
先週の時点で,うちのクラスは授業研がその5日後にあるから,教室内にはとても掲示できないので,できるだけ少なくしてほしいと要望したことと,書写は絵を掲示したら重なって見えなくなるから,掲示はしないという話になったのに,主任はそれを覚えておらず,勝手に全部はるものだと思いこんでいた。
それを指摘したが,副主任が「親はどんなことを子どもがやっているのか見たいだろうから,全部掲示しよう」と言いだした。
再度,授業研のことを言い,うちのクラスだけ少なくさせてほしいと言ったが,「全部のクラスがそろえないとダメ」と主任が言いだした。
いつも,勝手な掲示をするのは主任と副主任のクラスなのに。
副主任は運動会,主任は校外学習の絵を,現在掲示している。
残り3クラスは,当初打ち合わせたとおり,絵日記が掲示してある。

わたしには,主任と副主任の言っていることがどうしても理解できない。
自分でそろえないのに,人にはそろえろと要求してくる。

授業研の準備も進まない。
すぐに余計な話と勝手な持論を展開するだけで,具体的なものを示さない。
検討会の時には話さなかったのに,後になってから文句をつけてくる。
この1週間で4回直したが,それでもまだ決まらない。

職場行くのが,本当に嫌になった。
別窓 | 日記 | コメント:0
「銀のしずく降る降る」
2008-10-18 Sat 15:35
「その時歴史が動いた」は知里幸恵でした。中学一年の時に教科書で伝記を読み、アイヌ神謡集を図書館で探したなあ。弟の真志保さんの名を娘につけた高校時代の友人も、この教科書を使ったはずなのに、幸恵さんのことは覚えていなかった…。
別窓 | 日記 | コメント:0
ストップウォッチ直った
2008-10-13 Mon 12:53
先日の体力テストで自分のストップウォッチを使おうとしたら…あら,画面に何も映っていない!
たぶん,教員になってからずっと使っていたものだと思うんだけど…記憶違いかな。
いずれにしても,かなり長い年数使っていたので,おそらく電池切れということで,早速取りかえることにしました。
裏を見ると,ネジでとめてある部分が10カ所。
…全部素直にゆるめましたとも,ええ。
そうしたら,簡単に開きました。
中には,平べったいボタン型の電池1個とそれを固定している部分と,絶対触っちゃいかんと思われるパーツがありました。
やっていいのは,電池を固定している部分のネジをはずすことだけ。
片方だけゆるめたら,簡単に取れました。
電池の番号を確認し,近所のお店で同じ物を購入して入れ替えたら,あっさり表示されるようになりました。
あとは,ゆるめたネジを全部締めておしまい。
ちゃーんと元通り使えるようになりました。
でも,日付の設定の仕方がわからなくなっていた(爆)。
あまりに古いので,説明書なんてどこにあるかわかりません。
まあ,どうせストップウォッチとしてしか使っていなかったからいいのさ♪
別窓 | 日記 | コメント:0
篤姫を見た後は…
2008-10-12 Sun 20:27
つい登場人物や歴史について調べたくなる(笑)。
この人,どれくらいまで生きていたのかなあとか,この事件ってこんな内容だっけとか…。
なんせ,怪しい知識しか持っていないので,調べて「へえ~」と思うことがいっぱい。
別窓 | 日記 | コメント:0
『フングリコングリ 図工室のおはなし会』 岡田淳
2008-10-11 Sat 18:16
春から待ち続けていた本。
表題作の「フングリコングリ」は集団読書のテキストで読んでいましたが,その他の収録作は未読でした。
おそらく,短編であちこちの雑誌に発表していたものを1つの物語の流れになるように編集したのでしょうね。

ラストの「なんの話」の教頭先生と,図工室の先生の言葉がとても好き。
キーワードを言うヤモリも。
「でも,本当のことじゃないんでしょ」
この言葉は,今の職場でよく子どもたちが言います。
読み聞かせの後の言葉なのです。
お話を聞いて楽しんだはずなのに,そう言ってしまう子どもたち。
この子達にはどうやって読書の楽しみを感じさせたらよいのか…。
そんな子たちへのメッセージが,この話にはありました。
「話を聞いておもしろいと思ったら,それは自分の本当のことじゃないのかな。」
おもしろいと感じた自分の気持ちは本当のことなのです。

「自分がお話の中にいるとしたら,主役なのか脇役なのかどちらだと思う?」
教頭先生の回答は「自分の人生の主役であり,さらに他の人の人生の脇役でもある」

ただ不思議な物語を書くのではなく,こういうメッセージをはっきりと物語のなかに入れるようになったことは,岡田さんのなかでの大きな変化なのではないかと思います。
学校現場で子どもたちを見つめ,その変化を身近に知っているからこそ,このメッセージを言葉として入れなくてはならなかったのかもしれません。
これは,『人類やり直し装置』でも同じことを感じました。
それがよいのか悪いのか…。
ただ,わたし自身も子どもたちを見ていて,本の世界を自分なりに楽しむことができない子,自分自身の存在価値を見いだせない子が増えていると感じています。
そんな今の子どもたちに必要なメッセージがしっかりと込められている1冊です。
別窓 | 児童書 | コメント:0
ちっとも更新していませんが…
2008-10-06 Mon 20:27
本はちゃんと読んでいます。
UPには至っていませんが…。

仕事で忙しいのもありますが,さらにお勉強しなくてはならないこともあり,忙しさに輪をかけました。
その反動で,休日はぐーたらぐーたら…。
と言いながら,コンサートには行ってしまう。
というより,前よりも仕事と休日をきっちり使い分けるようになったのかもしれません。

今月末の授業研があるので,それも考えると…うわー,なかなかUPできないかも。

ただ,近頃思うのは,エンタメ系がかなり多いなあということ。
その中でも,ぐいぐいと惹きつけられて読めるものと,読んでいて「この設定はかなり強引だなあ」と違和感を感じてしまうものとが,以前よりはっきりしてきています。
つい先ほど読んだ新聞に中学生の投稿がありました。「ライトノベル系ばかり図書室に入ってきていて本当によいのだろうか」といった趣旨の文章でした。
正直,何かに偏った図書室というのは如何なものかと思います。
私自身,ノンフィクション作品に非常に疎いところがあり,読んでみて「なぜこの作品を今まで読まずにいたのだろう」と思うことがしばしばあります。
今年,来年と「ノンフィクション作品」にもっと力を入れて読んでいく予定です。

と言っても,今まで通りエンタメも読みます♪

そうそう,岡田淳さんの『フングリコングリ』が今月中旬頃に偕成社から出版されるようです。
春頃に出るはずだったのが,ここまで伸びてしまうとは…。
待たされた分,読むのが楽しみです。
別窓 | 児童書 | コメント:0
半年も休載?
2008-10-05 Sun 21:32
あだち充『クロスゲーム』の雑誌連載が半年お休みになっているそうな。
……なんでそんなに長い間休みになるの?
具合でも悪いのでしょうか…。

で,なぜか同じ雑誌に新連載を始めた漫画家の他の連載も同様に休載…。
こちらは,以前体調を崩した関係で新連載がかなり遅れたということですが,どっちにしろかけもち連載することにはなったと思う。
なんでしょうね,これは。
まずは,始めた連載を終わらせるのが先なんじゃないのかなあ。
一度に複数の作品を連載していても,ちゃんと完結までもっていく漫画家はちゃんといるのです。
赤石路代さんは,かけもち連載をしていてもちゃんと終わらせています。
休載もほとんどないような…。

月刊誌と週刊誌との違いというのもあるかもしれないけど。
なーんかすっきりしません。
別窓 | マンガ | コメント:0
折り返し点
2008-10-01 Wed 20:13
今日から10月。
折り返し点です。
出勤簿も裏面に突入。
おお,やった~。
年度末に最後の押印をすると,
「これで終わりだ!」とホッとするんだけど,
「明日はまた真っ白な出勤簿になるんだよね」とまたもがっくり。
こんなことを繰り返して13年目。

1年生のピヨちゃん達は,だいぶ成長しました。
が。しかし!
家庭数の意味のわからないお子さまがいる…。
昨日までできていたのに,今日になったらわからないというのが不思議。
今まで何だと思っていたんだろう,この子。
別窓 | 日記 | コメント:0
| ROY草子 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。