ROY草子 2007年10月06日
日々思ったことを書き記したり,本の紹介などをしたりしています。
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
一つの花(本日3回目日記)
2007-10-06 Sat 22:03
小学校4年生のときに初めて今西祐行さんの『一つの花』を教科書で読んでから約25年ぶりに子どもたちと読んでいます。
教育出版の教科書で,昔から載っている戦争を扱った作品は『一つの花」といぬいとみこさんの『川とノリオ』だけです。
子どもの頃の印象は,「ひとつだけちょうだい」と言ってお父さんのおにぎりをみんな食べてしまったゆみ子はひどいというものでした。
でも,今読んでみるとまったく違う読みになっています。

このお話には戦争の悲惨な描写はほとんどありません。子どもたちも「戦争のお話だからもっと恐いかと思っていた。」と言っています。
わたしも,今回読んでみて,この話は戦争の物語というよりは,両親のゆみ子への愛情や思いを描いているように感じたのです。

最初の場面で食べ物をねだるゆみ子にお母さんが「一つだけよ」と言うのは「ゆみ子のしつけのため」という答えが子どもたちからは返ってきました。当時はおやつなどと言っている場合ではなく,配給のおいもやかぼちゃを食べていたと書かれているのに,「何でも欲しがるとわがままに育って,将来ゆみ子が困るから」「お父さんやお母さんの分がなくなってしまうから」というのです。
「ああ,これは25年前の自分と一緒だ…。」
戦争によって,多くの日本人がどのような生活をしていたかということが,まったくわかっていなかったのです。
最初,ゆみ子はお腹を空かせていたのか「もっと」とねだるのですが,お母さんは「一つだけよ」と言って自分の分をゆみ子にわけてやります。本当なら,「みんなあげる」とゆみ子がほしいだけ分けてあげたかったのに,分けてあげられるほどの食べ物がないのです。「一つだけ」はたくさんあるうちの一つではなく,わずかしかないうちの一つ。
お父さんが「この子は一つだけといつでも言っていくのかもしれない。みんなちょうだいということを知らずに。何でも一つきり。一つだけの喜びすらもらえないのかもしれない。」とゆみ子の将来を心配している場面とあわせ,このことを考えるのに2時間かかりました。子どもたちはどうしても「しつけ」から発想が切り替えられない。それは,自分がまさにそうだったからよくわかります。

体の弱いお父さんまで徴兵されることになり,ゆみ子とお母さんが見送りに行く場面になりました。例の途中でゆみ子がおにぎりを全部食べてしまった場面です。
自分と同じように感じ取る可能性が高いので,ここは戦局が厳しくなったことを説明してさらっと流し,駅に着いてからのシーンへいくことにしました。
軍歌やばんざいの声で盛大に見送られていく人と対照的に,ホームの片隅でひっそりとそれにあわせて小さくばんざいをしたり,歌を口ずさむお父さん。「本当は行きたくないんだよ!」と子どもたち。
ここでも「戦争に行くのに何でばんざいなんてするの?」という疑問が次々に出てくるので,戦時中のお話タイムに突入。途中で「この話は戦争を子どもたちが知るためのものなのか?」という疑問が頭をよぎりました…。6年の社会科じゃないのに,こんなに戦争について語ったり,他の戦争のお話を読んだりしてよかったのか…。
それでも,「お父さんはゆみ子の成長を見守りたかったんだから,戦争に行きたいわけがない。」という意見が多く出されました。
そして,ゆみ子の「一つだけ」がここでも登場。お父さんは「みんなおやりよ。おにぎりを。」と言うのですが,ゆみ子は駅に着くまでにすべて食べてしまっていたのです。
その後のお母さんのセリフで,「ええ,全部食べちゃったんですの…。ゆみちゃん,いいわねえ。お父ちゃん,兵隊ちゃんになるのですって。ばんざあいって…。」とあるのですが,ここで子どもたちから意見続出。「これ,誰に向かって言っているの?」
かぎかっこ1つの中に言っている相手が複数いるというのです。
「食べちゃった」まではお父さん,「ゆみちゃん」からはゆみ子に語りかけているけど,何だか変だという意見も出てきました。
「『…』があるじゃん,だから何か考えているんだよ。」「これって,お母さんもお父さんが兵隊になるのをばんざいなんて思っていないんじゃない?」「本当はそう思っていないから『…』で間があくのか!」
ゆみ子をあやすために「ばんざい」と嬉しそうにしているというのは子どもたちも言っていましたが,その裏のお母さんの気持ちまで読めるとは…。
そして,お父さんがおにぎりを「ひとつ」ではなく「みんな」おやりと言ったわけと,その時点ですべてのおにぎりをお母さんがゆみ子にやってしまっていたわけは同じだという結論を子どもたちは出しました。
「ゆみ子の笑顔をお父さんは見たかった,お母さんはお父さんにゆみ子の笑顔を見せたかったから。」

おにぎりがなくて泣き出してしまったゆみ子のために,お父さんはプラットホームの片隅のゴミ捨て場のようなところにひっそりと咲いているコスモスを見つけてとってきました。「ひとつだけのお花。大事にするんだよ。」と言うのです。
ゴミ捨て場のようなところの寂しさはお父さんの寂しさと重なり,このコスモスはお父さんが最後にゆみ子にあげられるたった一つの喜び。
子どもたちはそう考えました。

この続きは連休明けなのですが…子どもたち曰く「こんなにいろいろ考えて読んだの初めてだよ。」
いや,わたしも君たちの意見を聞いて考えさせられたよ。
25年経って,この話をようやくしっかりと読めたような気がします。
お父さんのゆみ子への思いを考えると切なくなってきます。
12年目にして初めて4年の担任になれてよかった…。
初任の年だったら,もっと甘い読みをしたかもしれない。
スポンサーサイト
別窓 | 児童書 | コメント:7
わたしの知っている歌手!?(本日2回目日記)
2007-10-06 Sat 21:03
昨日の給食中の会話

Aさん「先生,どの歌手が好き?」
わたし「え?たぶん言っても知らないと思うよ。」
Aさん「いいから教えて!」
わたし「ほんっとうにいいんだな~?子どもの頃から谷山浩子さんが好き。テルーの唄の作曲をした人。」
Aさん「自分も歌うの?この人。」
わたし「作詞,作曲,歌,全部やっているよ。」
Bくん「今流行っている歌手で好きなのはいないの?」
わたし「(谷山さん,ゲド戦記効果で流行っていると思うけど)うーん,流行っているというか…BUMP OF CHICKENは好きだよ。」
Bくん「あ,バンプ?お父さんが好きだって言ってた。車輪の唄ってバンプだよね。」
わたし「そう,よく知っているねえ。」
Bくん「黄色組の応援団やっていたCくんも好きなんだって言ってた。聞いたことあるよ。」
Aさん「ねえ,わたしの知っている歌手でいないの?」
わたし「わたしの知っている歌手!?(……って,あなたの知っている歌手をわたしが知らないんだけど)」

中学生,高校生だと話があったんでしょーかー?
でも,Bくんはバンプ聞いたことあったしなあ。
「『続・三丁目の夕日』という映画の主題歌を今度歌うから聞けるかもよ。」と一応つけたしておきました。
別窓 | 音楽 | コメント:0
バイリンガル
2007-10-06 Sat 20:39
昨日,こぶた(姪っ子)はミニ幼稚園に行ってきたそうだ。
人見知りの激しいこぶたは日本語で「おうち,帰る」と言い続けていたらしいが,ママは知らんぷり。すると…こぶたはドイツ語で「おうち,帰る」と言い出したそうだ。
前にもドイツ語で言ったらOma(岩姫)に通じず「カ・メ!(亀)」と日本語で言い直したことがあった。
ということは,こぶたはものや事柄には2通りの言い方があると理解しているのだろうか…。片方の言い方で通じなかったら,もう片方の言い方をすれば通じる。しかし,それのどちらが日本語でドイツ語なのかの区別はない。ママに日本語で「おうち,帰る」と言って通じないと感じたらドイツ語で話しかけるのだから。
区別はなくても,2カ国語を使うのだから恐れ入る。
今日は英語を習いに行っているから,今に3通りの言い方があると理解し,話すようになるのだろうか…。
大人がついていけない!!
別窓 | こぶたの育児日記出張編 | コメント:0
| ROY草子 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。