ROY草子 2007年08月27日
日々思ったことを書き記したり,本の紹介などをしたりしています。
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
夏休み終盤
2007-08-27 Mon 18:53
当サイト及びブログへのアクセスを7月から解析してみると,見事に「読書感想文」と「指導案」に集中していました。

読書感想文で多いのは,圧倒的にあさのあつこ『バッテリー』です。続いて,灰谷健次郎『太陽の子』かな。
『バッテリー』で感想文…。わたしだったら絶対に書かない(笑)。
というより,書けません。チームワークや友情というテーマではまず書けない。孤高の巧にそれは見いだせない。映画はずいぶんと爽やかな内容になっていたようですが,原作はそうではないですから。「確固たる自分」なんていう内容なら書けるか?これで原稿用紙5枚は埋まるまい…。
でも,その本を読んでどんなことを感じたのかは人それぞれだから,どんなテーマで書いてもいいのでしょう。ただ,わたしが審査員だったら,『バッテリー』の感想文には厳しいチェックが入ります(笑)。
『太陽の子』は書きやすい。これはいくつかの視点で書けます。終わらない戦争,ふうちゃんをとりまく人々の優しさ…。

指導案は「わすれられないおくりもの」が圧倒的に多い!2学期最初に扱うから…。でも,サイトにもブログにも指導案は載せていません。ごめんなさい。5回目の「わすれられないおくりもの」だったので,自分なりの読みや思いがかなりある指導案になりました。偏りすぎていて,公開できません(笑)。

夏休みも残りわずか。
終わっていない宿題を早く片付けなければ!
おお,明日提出のレポートがあったのだ。
教職員の不祥事が多いので,モラルについて自分の考えをA4用紙1~2枚にまとめなければならないのです。
他の職場は夏休み明けの提出というところが多いのに,うちは明日の朝に提出だって。他の職場の方達に大笑いされたわ~。
スポンサーサイト
別窓 | 日記 | コメント:0
信じられない!
2007-08-27 Mon 10:48
うちの職場には,長期研修生として図書館教育について学んできた方がいます。この方は図書主任となり,先日職員室に貸本屋コーナーを作りました。職員室の一番後ろにある図書館指導員の先生の机上です。研究紀要にこの実践について載っており,いいなあと思っていた実践だったので,わたしは大歓迎♪
教師が互いにおすすめの本を持ち寄り,職員室にコーナーを設けて置いておくのです。専門書あり,児童書あり,話題の一般書ありとなっています。わたしも,戦争関係の児童書を何冊か置きました。2学期に戦争を授業で扱う学年があるので。

ところが,貸本屋にクレームが付きました。
校長が「机上には何も置かないように。本が机の上にあるのは困る。」というのです。
忙しいなか,なかなか図書館や書店に行けない人も多く,教師の間でお互いに情報交換できるようにと貸本屋を開店してくれたのに…。
さらに校長は「職員室に置かないとこれはダメなのか。」と言い出しました。全部の職員が必ず毎日来る職員室に置いてこそ意味があるのに…。
子どもに読書をすすめる立場の教師が読書をするようになったら,読書教育がもっと深まると思うのですが…。
今回の校長の発言には,職員みんなが「ぽか~ん」としてしまいました。
職員室の机上に何も置かれていないことってそんなに重要?
ある程度片づいていればいいのでは?
小さな事にこだわり,大切なことを見落とす,こんなのが校長なんだからなあ。職員もやる気をなくすし,余計なことはしない方がいいと思うようになってしまう。子どもたちが気の毒です。
別窓 | 日記 | コメント:0
| ROY草子 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。