ROY草子 2007年08月06日
日々思ったことを書き記したり,本の紹介などをしたりしています。
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
児童文学とは
2007-08-06 Mon 21:44
以前の「クローズアップ現代 バッテリー」の続きとなります。
タイトルは仰々しいですが,内容は自分でもうまくまとめられない…(泣)。

以前の日記で書いた「クローズアップ現代 バッテリー」ですが,児童書を取り上げてくれたという点では,「よくぞ取り上げた!」と思うのですが,あの内容だと,児童書がなぜ大人に読まれるのかという視点で扱っていて,児童書に対する見方がいまひとつだなと思いました。しかも,20代から40代の女性限定というところにひっかかりを感じました。児童書と一般書のボーダーレス現象がおきていて,児童書として出版されていても大人にも読み応えがある作品がたくさんあるという内容なら少しは納得がいったのかもしれないのですが。
しかも,今回は大人の女性の声ばかり取り上げていて,本来の読み手である子どもの声はほとんど聞かれませんでした。一人だけ,高校生の女の子が「巧のように自分を通して生きていっていいんだ」と自信を持ったという話をしていて,これが一番,巧のことをよく読みとって自分のものにしているなあと思いました。
あさのさんご自身が登場しましたが,何を伝えたくて登場したのか…よくわかりませんでした。「これはわたしの物語。あなたのものではない。」ということを伝えたかったのでしょうか。この部分だけ受け取ると,読者は読むことを拒絶されたように感じてしまいます。読者なりにそれぞれが作品から何かを感じ取り,自分の中に取り込んでいくのは当たり前で,それが作者の意図するところではないということも当然起こり得ると思います。作者にしてみれば不本意かもしれませんが…。
作家の側からすると,自分の作品は「読者のものではない」という発想になるのでしょうか…。それこそ人それぞれなのかもしれないのですが。

「わたしのために」ということは「自分のために」あさのさんは書いているということ。「自分のために」児童書を書く作家が増えているというのは確かに感じます。子どもに何を伝えたいのか,メッセージ色の弱い作品が多くなったなと思います。
また,児童書の書き手が一般書の分野にも登場するようになっているのは,「自分のために書く」というスタンスでいるからなのかな…と思いました。そうだとすると,児童書の書き手が一般書も書く現象は,個人的にはあまり好ましく思いません。ただ,読み手は児童書や一般書の枠にとらわれずに,読みたいものは読み,よいものはよいと思うのです。児童書を子どもの読み物だからと軽く扱う気はありません。読み応えのある児童書はたくさんありますから。むしろ,一般書の方が繰り返し読もうとは思わないかもしれない。

エンタメを否定する気はないし,楽しんで読めるという点で読書への第一歩を踏み出すことができるし,単純に「楽しい」と思えるからそれはそれで価値があると思います。
でも,児童書にはやはり子どもたちに伝えるという役目があるのではないでしょうか。
そうでなければ,何のために児童書を書くのか…。

エンタメ系の作家には,はやみねかおるさんのように,子どもがどんな話を好んで読むのかわかっていて書いている人もいます。彼は自分のために書いているわけではないと思います。メッセージ色は強くないですけれど。

那須正幹さんの作品は,ズッコケのようなエンタメもありますが,それ以外の作品が非常に強いメッセージを持っていて,心を揺さぶられます。特に戦争を扱った作品は,次世代に問いかける形をとっていて,30年も前に書かれたのにそれが古くならず,今も訴えかける力を持っています。今,児童文学に必要なのは,このような時代をこえて読み継がれていく作品なのではないか…。
外国の翻訳児童文学は,かなり長い間読み継がれています。メディア化の助けもありましたが。でも,ケストナーやリンドグレーンなど,もっと読まれてもよいと思う作品が,だんだんと子どもたちに読まれなくなってきている。これも残念なことです。
また,日本の児童文学で,何年も読み継がれている作品といって挙げられるのは何だろう…。灰谷健次郎,安房直子など,教科書に取り上げられた作品のある作家の本はよく読まれるかもしれません。自分の児童文学を読んできたあとを振り返ると,今江祥智や赤木由子,灰谷健次郎の作品はよく読んでいたけれど,今の子どもたちは今江さんや赤木さんの作品はほとんど読んでいないように思います。
保護者と話していて,「子どもに本を読むようにすすめたくても,どんな本がよいのかわからない」という声もよく聞きます。親の世代が,本を読まずにきてしまい,子どもにすすめられないのです。
わたしは,岡田淳さんと杉みき子さんの作品が,本当に子どもの頃から大好きで,大人になってからも忘れられずにいました。杉さんの『白いとんねる』は子どもの頃にその存在に気づかず,なんてもったいないことをしたのだろうと後悔したものです。だから,子どもたちには必ずこのおふたりの作品は紹介します。こうやって,子どもたちに本を紹介していくことがわたしにできることだから。
ある児童文学作家のサイトには,大人になってから「子どもの頃に読みました」とやってくる人が現れるようになりました。それだけ,メッセージ色の強い,心に残る作品を子どもたちに届けているのだと思います。それに対し,あさのさんの作品を読んだ子どもたちが,大人になって「子どもの頃に読みました。」とメッセージを送ってくるだろうか…。それはないような気がします。

ある児童文学作家がおっしゃっていました。
「わたしは『子どもに求められる正しい童話作家像』(これは,早大童話会系の作家さんたちが作り上げたものと近かったり,翻訳児童文学で読んだ,外国の作家さんたちの像と重なっていたりすると思います。子どもたちを愛し,導こうとするよきおとなの姿ですね)を,『演じようと』しているかもしれません。『よきおとな』でありたいと思っています。日本や世界に対して,責任感や問題意識を持とうと思っている。次の世代に,いろんな思いを継承して行かなくては,と思っている。
でも,そういう意識を持って作家をしていこうとすると,どうしたって,教えるもの教えられるもの,守るもの,守られるもの,の違いはでてくると思います。 けっして,『対等』にはなれません。」

これは教員の世界でも同じようなことが言えるように思いました。
わたしが子どもたちによく言うのは「わたしはあなたたちのお友達ではありません」という言葉です。友だち感覚で接してくる子どもがいますが,そこはきっぱりと線を引きます。だからといって,仲良しになれないのではない。子どもに共感できる部分はたくさんあるし,子どもの目線で話をすることもある。けれども,根底には子どもたちの成長を願い,成長した姿を見る歓びを感じたいという思いがあります。友だち感覚で接してしまったら,子どもと対等になってしまいます。それでは,教師ではないと思うのです。
同じように,児童文学作家も子どもの成長を願い,本を書くのだというのが基本であり,自分のために書いてしまったら,それは児童文学作家ではないと思います。
大人が自分のために書いた物語だから,大人が共感してしまう。それが『バッテリー』なのではないか…そんな気がしました。
極端に言えば,『バッテリー』は出版の形態は児童書であっても,中身は児童書ではない。だとすると,クローズアップ現代でとりあげられたのは,児童書ではない…のかもしれません。


ちょっと補足を。
児童書と一般書の両方を書く作家についてですが,違いを明確にしてかき分けているのならばよいと思います。
「自分の書きたいもの」ならば一般書で書けばよいのであり,基本的に読者を子どもであると意識して書く児童文学の場合,読み手に何を伝えたいのかということが大切になってくると思います。
あさのさんのように,「自分のために書く」のであり,それは「自分の物語で,あなた(読者)のものではない」と思うのであれば,他者に公開する必要はないというのがわたしの考えです。あの番組での言葉を読者として聞くと,そのようにしか思えません。
また,「自分のために書く」ものと「自分の書きたいもの」とは違うとわたしは判断しています。「自分の書きたいもの」は読み手を意識して書いていると思うからです。「自分のために書く」のは,あくまで自己満足であり,読者はいらないのではないでしょうか。


さらに補足を。

児童書においてメッセージ色のあまり強くないものであっても,「子どもに楽しんで読んでもらいたい」という思いがあれば,それは価値のあることだと思います。読み手である子どもへの思いがありますから。はやみねさんの作品は,エンタメ系ですが,そういう読み手への思いが詰まっていると思うのです。


さらにさらに補足を。

一般書と同様,児童書への書評というものが存在します。児童書の場合,日本児童文学者協会の発行している『日本児童文学』が一番目にしやすいかもしれません。
それ以外にも,ネット上での書評は,あちこちで目にします。
ただ,その書き手は誰かというと…たいてい大人なのです。
(わたしは書評というほどのものは書いておらず,あくまでも「紹介」というレベルです。自分が読んで魅力がないと思ったら紹介しません。という意味では,けっこうシビアかも…。)
大人の書いた書評と,子どもが読んで思ったことにはかなりの隔たりがあります。
でも,児童書は本来子どものためのものです。たとえ大人から認められなくても,子どもが夢中になって読んでくれたら,作者としては大成功なのではないでしょうか。
これは,荻原規子さんのエッセイ「読む女の子たち」にも同様のことが書かれていました。
ただ,このエッセイで荻原さんが想定した読者が「自分と同じシグナルを受け取ることのできる女の子」と限定したところに異議は大ありなのですが。それについてはこちらに書いてある文章を参照してください。
ただ,荻原さんの場合は,基本的に大人から認められてはいるのです。評価は極端に分かれるのですが。
スポンサーサイト
別窓 | 児童書 | コメント:5
今日は日直
2007-08-06 Mon 21:42
飲食禁止時刻を過ぎました。
初めての人間ドックでございます。
バリウム,嫌だなあ。

今日は日直。
水やりがメインのお仕事。
妙な電話がかかってきてびっくりもしましたが。
備品はとりあえずやっつけた!
あとのクレームはもう知らん!
自分で何とかしておくんなまし。

研究会で提案する先生のために,プロジェクターとノートパソコンのつなぎ方講習会もしてきました。
このパソコン,ストレートには画面に映せなかったので,映し方をネットで検索してしまいましたよ…。
Fキー使わないとダメなタイプでした。
使ったら楽勝(爆)。
何を悩んでいたんだろう,自分!
別窓 | 日記 | コメント:0
| ROY草子 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。