ROY草子 2007年08月01日
日々思ったことを書き記したり,本の紹介などをしたりしています。
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
クローズアップ現代 「バッテリー」
2007-08-01 Wed 20:20
あさのあつこ『バッテリー』は,20代から40代の女性が読者の7割だという。「本気になれよ」がキーワードになっているようだ。
わたしは,この本を最初に読んだ8年前,高学年の担任をしていたけれど,子どもにすすめたい話だとは思わなかった。
よく言えば自分を貫き通す,悪く言えば協調性のない主人公の巧にはどうしても感情移入ができず,これは児童書なのかと迷ってしまったのだ。巧と豪の関係から友情は感じ取れないし,巧は孤高の存在であり続ける。最終巻になっても,作者が迷い続け結局収拾がつかなかった作品だと思っている。巧が自分の言いたいこと,すなわち言葉をつかむようになっていくというようなことを作者は語っていたが,はたしてそうだっただろうか…。巧は基本的に変わっていないと思うのだが。
巧に魅力は感じず,周囲の人たちの方が実に魅力的だった。
わたしは,この作品に夢中になっている女性たちのように「本気になれよ」というメッセージは受け取れなかった…。

「これはわたしの物語。あなたのものではない。あなたはあなたの物語を紡ぎ出してほしい。」というのがあさのさんの最後のメッセージだったが,物語は世に出て読み手が手に取った瞬間に作者の手を離れる物だとわたしは思っている。ずっと「わたしの物語」にしておきたいのならば,世に出さなければいい。自分の思いをはき出したいだけなら,日記に書き留めて公開しなければいい。世に出したということは,読み手を必要としたからではないのか。自分の思いを伝えたかったのではないのか。読み手は,その物語をそっくり自分の物にはしない。自分なりの受け止め方をして,形を変えて自分の物にしていく。オリジナルではないにしろ,「あなたの物語」を作り出しているのだ。
あのメッセージは言葉足らずだったのだろう。作者が言いたいのは,「自分としっかり向き合い,あなたなりの人生を歩んでほしい。」ということだったのかもしれない。そういうところは,やはり作者は巧のような人なのかもしれない。
スポンサーサイト
別窓 | 児童書 | コメント:8
| ROY草子 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。