ROY草子 2007年04月21日
日々思ったことを書き記したり,本の紹介などをしたりしています。
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
次回予告と先ほどの補足
2007-04-21 Sat 22:34
えーっと,今回は時間がなくて紹介できなかった本がたーんまりとあったので,また別の作品を紹介する予定です。
『忍剣花百姫伝』や『妖界ナビ・ルナ』,『ゲームの魔法』も紹介したいなあ。

そういえば,『デルトラクエスト』はテレビアニメにもなっていたから,知っている子が多かった!本を夢中になって読んでいるのは男子なんだけど。女子は『フェアリー・レルム』が大好きという子がいました。同じ作者なんだけど,男女できれいに読むか読まないかが分かれるのね。
『ライオンと魔女』と『ゲド戦記』は思ったよりも映画を見ていなかったなあ。『ゲド戦記』の1巻『影との戦い』を持っていき,「ここに出てくるゲドは映画のようなおじさんじゃなくて,子どもなんだよ」と言ったら「えーっ!」と驚きの声。「アレンは3巻,テナーは2巻,テルーは4巻にならないと出てきません」でさらに「えーっ!」と驚いていました。
『ライオンと魔女』は字の細かさに退いていたので,「絵本もあるよ。2種類あるから読み比べるのもおもしろいかもね。」と紹介しておきました(笑)。
『少女海賊ユーリ』はユーリの年齢当てクイズをしてみました。適当に言った「280歳」がニアピン賞(笑)。ほとんどの子が10歳から20歳の間と答えていました。
『シェーラひめのぼうけん』は『魔神の指輪』を紹介したのですが,やっぱり最初のファリードをくくりつけてロバをかついでいくシェーラの様子が一番インパクトがあるので,そこを採用(笑)。
子どもたちは大笑いしていました。
スポンサーサイト
別窓 | 児童書 | コメント:0
不思議な校務分掌と授業参観
2007-04-21 Sat 20:03
今年ももれなく情報の1番。つまり,主任です。
さらに,読書指導の2番がついてきました。
でも,委員会活動は「情報委員会」の担当となり,図書委員会にはなれませんでした。
さて,わたしはいつ,どこで学校全体の読書指導の活動に関わればよいのでしょう?
このことを教頭に言ったら,「できる範囲でうまく関わっておいて」だって。
……おーい,あんたが決めた分掌でしょうが!
読書指導がやりたいから,情報は他の人にまわしてくれってお願いしたじゃないか!
情報の主任やっていたら読書指導を兼ねるのは現在の組織では無理なんだよ…。
それくらい把握しろよ!

で,今日は頭にきたので,授業参観で読書指導しました。
クラス限定ね。だって,学級文庫にある本だけでやったんだもん。
ちなみに,今年度は学級編成をして4年に持ち上がりました。全学年学級編成…うーん,これもすごい!

「わくわくどきどき,冒険の旅へ!」というテーマで,ブックトーク。冊数が多かったので,あまり深くは突っ込んでいません。
☆映画やアニメになった作品
・『ライオンと魔女』(ナルニア国物語)
・『ゲド戦記』
・『デルトラクエスト』
☆同じ作者繋がりで…
・『フェアリー・レルム』
☆日本の作品で…
・『シェーラひめのぼうけん』
・『少女海賊ユーリ』
・『放課後の時間割』
※『放課後の時間割』は冒険じゃないという指摘を受けそうですが,6年生ネズミの話で冒険が出てくるからいいか~ということにしてください(笑)。

『シェーラひめのぼうけん』は怪力シェーラの様子をご紹介。
『放課後の時間割』は子どもたちに馴染みの深い「プラタナス」が出てくる話を読み聞かせしました。クイズを入れながら話すと,けっこう子どもがくいついてきます。

だいぶ飽きてきたお子さまたち。今度はストーリーテリングをやってみました。
これまた定番の「コカの亀」です。これは参加型で,子どもたちにも一緒にやってもらう部分があります。
去年うちのクラスにいた10人ほどの子たちは知っているのですが,ネタバレしないでくれたのでよかった♪
というより,けっこう忘れていたのか,わたしが勝手に話を変えていたためか(笑)。
やっぱりストーリーテリングは子どもたちの集中力が違う!
こちらをよーく見ていましたから。こっちも何も見ないで語っているから,子どもの様子がよくわかります。
「このあとどうなるのかなあ」と真剣に聞いていました。

45分間バッチリ話したから疲れたよ…。
別窓 | 児童書 | コメント:4
| ROY草子 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。