ROY草子 2007年04月15日
日々思ったことを書き記したり,本の紹介などをしたりしています。
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
『月下花伝』 越水 利江子
2007-04-15 Sun 22:38
人は誰でも,心の中にタイムマシンを持っている。ずっと昔の人にだって会える。

『月下花伝』の帯紙を見たときに,秋飛か総司かどちらかがタイムスリップをするのかと勝手に思いこんでいました(汗)。

まず,新撰組の面々のやりとりがとても好きです。
お互いを知り尽くしるからこそ出てくる会話という感じがします。新撰組ファンにはたまらない♪
(といいつつ,山南敬助を「さんなん」と呼ぶことを知らなかった!一つ賢くなりました。)

ラストの秋飛や春妃の「タイムマシン」の会話は絶対に忘れられないと思いました。
映画やドラマ,本や小説は,人生にとってたくさんの過去の人たちと仲良しになれるタイムマシンである…。本当にそうなんですよね。わたしが『萬葉集』を読むのは,そこに古代の人たちの思いがあるからだし,過去の人たちに出会うことができるから。
遺跡に触れるのも,過去の人たちの息吹を感じることができるからなのです。
この世界のあちこちにたくさんの人生があり,その生き様を知ることができるのは,なんてすばらしいことなのか!
秋飛のおじいちゃんは死んでしまったけれど,秋飛の剣術の中にも,共に過ごしてきた時間の中にも,そして何よりも秋飛の心の中に生き続けています。
失ったときは本当に喪失感でいっぱいで,何度も泣きますが,いつか楽しかった想い出がたくさんよみがえってくる。
そうやって,いつの時代にも,思い出す人がいたり,心を馳せる人がいるかぎり,その人達は生き続けることができる。
歴史に名を残さない人であっても,共に過ごした人々がいれば永遠に生き続けることができる。心のタイムマシンにのって,いつでも会いに行けるのです。
こんなふうに改めて考えることができる本に出会えてよかったと思います。
スポンサーサイト
別窓 | 児童書 | コメント:0
コミュニケーション
2007-04-15 Sun 21:09
とある大人気コミックの作者の公式サイトBBSをだいぶ長い間ROMしています。
片方は普通のBBS。雑談ありです。もう片方はちょっとマニアックなBBS。
最初のうちはおもしろかったのですが,どうも途中から妙な具合になってきました。

普通のBBSでは,いわゆる常連だけが楽しめる内容の投稿があり,それに対して新しく来た方がクレームをつけたのです。結局は作者が常連の投稿内容をOKとして決着がつきました。
サイト開設当初はこの作者の作品があまり一般に知られていなかったため,常連や作者にとっては当たり前であったことが,新しく来た方達には常識はずれに感じられたのです。
作者自身が運営している公式サイトですので,作者本人の意向は大切でしょう。でも,多くの方達が訪れるようになった今,常連だけが楽しめるような従来の運営方法でよいのでしょうか…。

マニアックな方は,自分の意見に対して反対意見がつくと過剰に反応し,何が何でも自説を曲げないという人が来ています。この方の文章は何でもきっぱりと断言してしまっているので,読んでいる方が不快に思ったり反対意見を出したりするのですが,本人はまったく気づきません。自分の考えは絶対に正しいと思いこんでいるのです。

BBSは他の方との交流の場であるはずなのに,コミュニケーション能力に欠ける人がいると台無しになってしまいます。
10年近く前,BBSでの交流はもっとお互いに気を遣い,言葉遣いにも気を付けていたように思うのですが…。
ネット上での発言は,世界中に発信されることになるので,慎重に言葉を選ぶべきだと思います。自分も含めて,反省しないといけないと思いました。

わたし自身は,マナー違反(ネチケット知らず)を許すBBSには関わりを持ちたくありません。特に子どもはルールを知らずに書き込んでいる場合が多いのです。誰かが教えないと,その子はいずれネット上でトラブルに巻き込まれるでしょう。「まだ子どもだから」と大目に見るのはそのBBSの管理者の考え方ですので,とやかくいうつもりはありません。ただ,自分はそういうスタンスのBBSには関わりたくないだけです。

パソコンに向かって文字を打つときには,画面の向こうにはいつでも感情を持つ人が存在しているのだということを忘れないようにしたいものです。相手の表情や声の調子で感情を推し量れない分,ネット上でのコミュニケーションはより難しく,相手の気持ちを思いやることができないといけないのだと,つくづく思います。
別窓 | 日記 | コメント:0
眠い…
2007-04-15 Sun 20:33
とにかくひたすら眠いっす。
この土日は朝寝,昼寝を2時間ずつ…。
それにもかかわらず,夜は定時に寝られます。

関口知宏さんの鉄道の旅中国大紀行はおもしろい!
関口さんの人柄が現地の人との交流をスムースにさせているのでしょうね。
日本国内の鉄道の旅は見られなかったのですが,中国編はなるべく見たいなあ。
別窓 | 日記 | コメント:0
| ROY草子 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。