ROY草子 2007年02月03日
日々思ったことを書き記したり,本の紹介などをしたりしています。
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
ヒカルくん,怪しい奴と遭遇する
2007-02-03 Sat 18:26
ソメゴローだい!

『おいらはソメゴローってんだい。
兄弟がドイツにいて,そいつはピンカートンって洒落た名前をしてるんでいっ!
おいらはサバトラなんで,この家にやってきたんだってさ。』

様子をうかがう

「だ,誰だこれ!?ボクしか猫はいないはずなのに…。」

くんくん

「くんくん,変なにおい,しないかな…。」
『な,なんでい!?この灰色のネズミみたいな奴は!』

ソメゴロー

「大丈夫,怖くない,怖くない…。怪しい奴じゃない…。」
『おいおい,怪しいのはおまえの方じゃないのか!?かじらないでくれるのはいいけどよー,これから一緒に暮らすのかい?なんだかなー。』
スポンサーサイト
別窓 | 犬・猫 | コメント:0
NHKスペシャル 飛鳥遺跡
2007-02-03 Sat 15:20
昨日のNHKスペシャル,おもしろかった~。
蘇我入鹿といえば,蘇我家の権力を振りかざし,天皇家を凌ぐ力でやりたい放題だった…というイメージがあったのですが,どうもそうではない模様…。
むしろ,先見の明を持って外交政策にあたっていたようです。
甘樫丘に屋敷を作ったり,飛鳥寺などを配置したりしたのは,天皇家を見張るのではなく,外敵すなわち唐から明日香を守るようにしてあった可能性があるのです。
乙巳の変の立役者と言われる中大兄皇子の方がよっぽど悪い感じ。
このクーデターに協力した蘇我倉山田石川麻呂(持統天皇や元明天皇の祖父で,中大兄皇子の義理の父)を謀反の疑いで滅ぼしましたが,実はそんな事実はなかったのは有名な話。
昨日の説のように,もし蘇我入鹿の行動が外敵から明日香の宮を守るものであったのなら,中大兄は蘇我一族を滅ぼしたかっただけなのか…?
別窓 | 古代史 | コメント:2
| ROY草子 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。