ROY草子 2006年06月
日々思ったことを書き記したり,本の紹介などをしたりしています。
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
ウィンブルドン開幕
2006-06-26 Mon 21:16
本日のウィンブルドンは小雨模様。
センターコートとNO.1コート以外のスタートが1時間遅れたようです。
でも,センターコートはほぼ予定通りのスタートかな。
あ,違う。
センターコートの試合がNO.1コートへ,NO.1コートの試合がNO.2コートに変更になっている…。
その他にも,コートの変更がいろいろあった模様。

それにしても,ウィンブルドンはやはり雨に降られるのね…。

ただいま,フェデラー,ヒンギス,クライシュテルスが試合中。
杉山の試合も始まりました。
スポンサーサイト
別窓 | 日記 | コメント:0
成績処理&レポート提出期限せまる!
2006-06-25 Sun 20:11
というわけで,ちょっと忙しくなってまいりました。
昨年度は2期制だったので夏休み中に成績処理ができましたが,今年度は3学期制の学校なので,夏休み前に成績処理です。
さらに,10年経験者研修のレポートの締め切りがほぼ同時にあります。
全部で3本,さらに,研修計画書なるものも同時に提出…。
計画書を作って提出するのは,本来管理職の仕事なんだけどなー。
これはちゃんと研修先で確認済みです。
「もし,管理職が作ってくれなかったら,自分で作ってもよい」というお話も同時に伺いましたが…。
そんなんでいいのかね,この研修。

どちらにしても,自分でやらなければならないことが山積みなので,あちこちでROM状態になるかと思われます。

といいながら,ウィンブルドンも始まるなーなんて思ったりもします。
あと,怪獣のお世話も(笑)。
ど,どうする,自分!
別窓 | 日記 | コメント:0
ヒカルと怪獣,大接近!
2006-06-25 Sun 09:19
最近,ヒカルと怪獣の距離が縮まりつつある。
ヒカルの方がだいぶ警戒心を解いてきたようだ。
…言い方を変えると,ヒカルが怪獣の動きを見切ったということになる。
意外と怪獣の動きは遅いのだ。
ヒカルのスピードの方が上回っているため,楽々つかまらずに逃げ切れるということを悟ったのかもしれない。
このところは,両者で顔を近づけている…ようにも見える。
4本足で活動するという点でも仲間と認識したのかもしれない。
先日は,怪獣がヒカルに触ってもへっちゃらだった。

問題なのは,ヒカルには噛み癖があるということ。
慣れた相手には噛みついてしまうのだ。
それを怪獣にされるのは非常に困る!
ということで,慣れるのもどうかなあと思ってしまう。
別窓 | こぶたの育児日記出張編 | コメント:0
地元の図書館
2006-06-22 Thu 18:25
10年経験者研修というのがある。
教職に就いてから丸10年を経験した者が絶対に受けなければならない研修である。
その中に,職場体験研修がある。別の職場で2日から5日体験研修をしなければならないのである。
過去の研修の例として,図書館,歴博,福祉施設などがあげられ,かわったものとして,農業体験というのも紹介された。
そこで,自分は図書館がいいなと思い,上司が地元の図書館の方に受け入れをお願いしたのだが…中学生や高校生の職場体験を引き受けたときに大変だったとまずは言いだしたとのこと。「子どもではなく大人です」と説明したが,今度は7,8月中は忙しいから面倒を見られないから引き受けられないと断られたそうだ。
この図書館,児童書の新刊はまずろくに入ってこないため,20年前の本が汚いまま並んでいるのなんて当たり前。一般書でも新刊はあまり期待できない。延滞していても,ちっとも催促してこない。課題図書は,夏休みにはその学年の子どもにしか貸し出さないという行為を当たり前の顔をして行う。
職員の態度も悪いため,5年前に市役所に苦情を言ったことがあるのだが,その態度の悪い職員が再び戻ってきて牛耳っているのだそうだ。
……やっぱりこの市はろくでもない職員しか雇えないのね。
10年前に中学の臨時採用で講師をしていたことがあり,市はとんでもない用務員を雇っていると思ったが,その体質はまだ変わっていなかったということか。
図書館側は,多くの子どもたちが隣の市の図書館に本を借りに行っているという事実を知っているのだろうか。理由は簡単,「読みたい本がほとんど置いていないから。」「隣の市の図書館にはたくさん本があるし,きれいだから。」
5年前に,児童書の新刊がまったく入らないということも苦情として言ったのだが,なーんにも改善されない。
ここまで市民を馬鹿にしているとは,呆れ果てた。

来週,隣の市の図書館に研修の依頼をする予定。
こちらは引き受けてくれるのだろうか。
引き受けてくれたら,地元の図書館の怠慢ぶりがはっきりしますな。
同じ市の職員を引き受けられない地元図書館ということになるからね。
そんな図書館は絶対に利用しない。
別窓 | 日記 | コメント:4
ブラジルに勝つ方法!?
2006-06-21 Wed 20:18
先ほど,整骨院にておもしろい話を聞きました。

先生「ラジオで日本がブラジルに勝つ方法を特集していたんだよ。」
患者A「勝つ方法なんてあるんですか?」
先生「いや,ないだろって思って聞いていたんだけどさ,ジーコをゴールキーパーに起用すればいいって言い出したんだよ~!」
患者A「…?」
患者B「あっ,わかった!神様だからだよ!!」
先生「そう!ジーコはブラジルにとって神様だから,ゴール前にいたらとてもシュートは入れられないだろうってさ♪」
患者A「!!そうかあ,なるほどねえ。」
先生「俺はペレでもいいと思うんだけどね。」
別窓 | 日記 | コメント:0
あしなが…
2006-06-20 Tue 21:42
最近,我が家で流行っている言葉は「あしながおばさんおねえさん」である。
怪獣の笑顔にメロメロなじいやとばあや(岩姫)は,買い物に行くと大抵怪獣へのお土産を買ってくる。
その予算はどこから出ているかというと…当然,我が家の働き手である,わたしと兄の懐から!
岩姫「こぶたちゃん(怪獣のこと),あしながおばさんおねえさんとあしながおじさんに『くーださーいな』しようね~♪」
ROY「…また何か買ったんかい!」
岩姫「ボーナスもあるし,やっぱり社会人だからね!!ドラちゃんグッズくらい,どうってことないわよね。」
ROY「……。」
岩姫「ボーナスついでに,食器洗い器も欲しいわね。ガス台も替えたいしね。」
ROY「………。」

あの…『あしながおじさん』って資金だけ援助するお話でしたっけ?しかも,ガス台や食器洗い器は関係ないと思うんだけど…。

※最近の怪獣の得意技
「くーださーいな」とこちらが言うと,手に持っているものを差し出します。
嬉しくなった大人達は「はい,どうぞ」とすぐ怪獣に持っているものを渡します。
別窓 | こぶたの育児日記出張編 | コメント:0
ごめんよ,ヒカル~
2006-06-20 Tue 21:32
お風呂に入ってきたヒカルくんに,まずいことをしてしまいました…。
シャンプーのついた手で,頭をなでてしまったのです!
当然,ヒカルの頭にはべったりとシャンプーが…。
ヒカルは,毎日お風呂場に現れますが,シャンプーをしたことはなかったのです!
これをどうやって落としたものか…。
とりあえず,ぬれたタオルで拭いてみましたが,シャンプーが泡立つだけ(笑)。
でも,拭き取るしかないよね~ということで,続けて拭く!
…もともとなでられるのが嫌いなヒカルくん。さらに,頭には変なものがついている!
結局,頭はビショビショ。そこを乾いたタオルでゴシゴシ拭く!
……パニックにはなりませんでしたが,相当嫌だったようで,ダッシュで逃げていきましたよ…。
その後,部屋で大暴れ!

ヒカルくん,ごめんよ~。
わざとじゃなかったんだよ。
別窓 | 犬・猫 | コメント:2
夜のヒカルくん
2006-06-20 Tue 20:33
カイザーくんが亡くなって以来,ヒカルは自由に家の中を動き回れるようになりました。

カイザーくんがいた頃は,2匹ともリビングで寝るようにさせていたのです。
カイザーくんはおりこうでしたから,ドアが開いていても2階に来るようなことはありません。
でも,ヒカルくんは襖の部屋以外ならどこでも(それこそ,トイレでも!)自分で開けて入っていきます。
それが大迷惑だったのと,カイザーくんといればおとなしく寝ているので,一緒にしていたのですが…カイザーくんがいなくなってしまったら,ひとりっきりでおとなしく寝てくれるはずがありません。
いつでも,カイザーくんにぴったりくっついて寝ていたのですから。
仕方がないので,ドアロックを解除し,ヒカルくんがフリーに動けるようになったというわけです。

さて,フリーになったヒカルくんは何をしているのでしょう?
彼にはお気に入りの場所が何カ所かあり,そこをうろうろしているようです。
納戸の帽子のかげ,父の寝室の椅子の上,台所の椅子の上,王子専用座布団の上…。
でも,いつの間にかわたしの部屋に来て,掛け布団の上にでーんと寝っ転がります。
その後,これまたいつの間にか掛け布団の中に潜り込んで眠ってしまいます。
困るのは寝返りをうったとき。ヒカルくんがいることに気づかず,ドカンとぶつかってしまうのです。
そうすると…「ガブッ」とやられたり,なめなめ攻撃が来たりするため,確実に目が覚めます。
また,午前3時半頃になぜか起き出して,ビニールをなめたりかじったりしてうるさくするため,これまた確実に目が覚めます。
これが,ここ数日続いているため,思いっきり寝不足感たっぷり!!

結局,午前4時頃にはわたしの部屋を出て,どこかへと去っていくのでした…。
朝,家中の者に聞いても「ここには来なかったよ!」という返事。

おい,ヒカルくん。空白の時間はいったいどこで何をしているんだ!?
別窓 | 犬・猫 | コメント:0
すごい水泳計画!
2006-06-20 Tue 20:22
今日の5,6校時に,3年生は水泳の授業をしました。
明日の1,2校時にも3年生は水泳の授業をします。
……どうやって水着やタオルを乾かすの?

計画が提案された時点で「なんじゃこりゃ!」とは思ったけど,だーれも何も言わなかったので,このガッコじゃそういうものかあと納得してみたのだが…保護者は困らないのかなあ?

わたしは,先ほど水着を干しておいたんだけど,こんなに忙しいのは正直嫌だなあ。
別窓 | 日記 | コメント:2
『少女海賊ユーリ9 流星の歌』 みおちづる
2006-06-18 Sun 20:56
ユーリシリーズもいよいよ9巻目です。今回の巻末には挿絵の永盛綾子さんのコメントが載っていて,1巻目が出版されてから5年が経っていることに初めて気づきました。そういわれてみると,この本は前任校で6年を担任したときに子どもたちから大好評だったので,好きな理由を聞いたことがあったなあ…。その時には,2巻目辺りまで出ていたのを覚えています。彼女たちは,自分もこんな冒険がしてみたいと思っていたのでした。

その冒険もそろそろ終わりが近づいているようです。最大の敵,ボルドの目的が明らかになり,ユーリに対する気持ちもわかりました。それを知ると,何だかボルドが気の毒になってきます。でも,今のボルドの思いは歪んでいるもの。そのままでよいわけはありません。
また,ノエルとユーリの関係も明らかになってきました。ノエルはユーリのご先祖になるのです。ユーリはノエルが指輪に記した「まことの幸せ」とは何かを聞いてみたいと思っていたというのです。でも,今のノエルにはそれはわからないようです。なぜなら,指輪にはまだ何も記してはいないのだから。おそらく,ノエルが大人になったときに指輪に記したのでしょう。

今回のお話を読んでいて思い浮かんだのは,「天空の城ラピュタ」「宮沢賢治」です。なぜかって?それは読んでみてください♪

ユーリを助け,新しい未来をひらくため,みんなの気持ちがひとつになったところで,今回のお話はおしまい。次回の発売予定は,来年の3月…。先が気になってしかたがありません!無理は承知ですが,もっと早く出してほしい!!
別窓 | 児童書 | コメント:0
『妖怪ナビ・ルナ8 白銀に光る剣』 池田美代子
2006-06-18 Sun 20:38
ナビ・ルナシリーズ第8巻。もう8巻まで来たのかという感じがします。

3人目の四神を探しているルナたちは,神隠しにあう子どもたちがいるという街にやってきました。なかでも,ナツメという少年だけは何度も神隠しにあっているというのです。

今回はもっけと高校生の梨子(ナツメの姉)とのラブストーリー…とまではいきませんが,ちょっともっけが切なくなっちゃったかなというお話でした。スネリが大活躍でしたね。

今まであまり話題に出なかったルナのお父さんの家系のことも少し出てきて,物語は確実に終わりへと向かっているのだなあと思いました。
ルナのパワーも確実に上がっている感じがしますね。

最大の謎である,ルナの弟のタイをさらったのは誰なのか,それが証される日も近いかもしれません。
別窓 | 児童書 | コメント:0
『七時間目の占い入門』 藤野恵美
2006-06-18 Sun 20:26
占いって信じますか?それとも信じない?

内気で友だちが作れなかったさくら。でも,転校をきっかけに,友達を作りたいと願います。その時思いついたのが,占いで友だちと仲良くなることでした。

この物語では,占いに対するさまざまな考え方が登場人物を通じて出されます。肯定する人もいれば,否定する人もいる。いいことは信じて,悪いことは信じない人もいる。でも,どれが正しいのか,その結論は出されません。この話を読んで,自分はどう思うのか,それが考えられればいいのかなと思います。

わたしは,最初のさくらのように,何でも占いの結果に頼っているのはよくないと思っています。占いは,自分の都合の良いように解釈できるようになっていると思っているからです。
最後の方でさくらが言っているように,いろいろ迷っていても,自分の中では結論は出ていることで,最終的にはそれをやってみるから占わなくてもいいとわたしも思います。

血液型で相性や性格を決めることはない。友だちは血液型で選ぶものじゃなく,実際にその人と接してみてわかることがいっぱいある。

あとがきに,作者は登場人物の小谷くんの考え方が好きと書いていましたが,わたしも同感です。どんな考え方なのかは…読んでみてください♪
別窓 | 児童書 | コメント:0
『ヒカリとヒカル』 夏緑
2006-06-18 Sun 20:12
ヒカリはボーイッシュな女の子。ヒカルは読書が好きな男の子。2人はまったく似ていないけれど,ふたごなのです。
ヒカリは親友の花菜に修斗先輩への告白の手伝いを頼まれます。でも,男の子と遊ぶのが大好きなヒカリには「好き」という気持ちがどうもよくわかりません。そこで,ふたごのヒカルに相談することにしました。

最初はボーイッシュでスポーツ万能なヒカリが「好き」ということについてどう考えるようになるのかなと思って読んでいたのですが,途中で花菜の変化の方が大きかったのでそちらに気をとられてしまいました。

花菜は,好きな人に告白するのも,その後のデートのことも全部人任せ。自分では何もしません。それを全部手伝ってしまうヒカリにもびっくりですが…。
結局花菜は「好き」ということをよくわかっていなかったことに気づきます。内気で自分から友だちを作ろうとしていなかったのに,いきなり彼氏を作りたいなんていうのは無理だということにも気づきます。失恋してしまったけれど,そこから得たものはたくさんあり,どれも価値のあるものばかりでした。男女問わず気楽に話せるようになったり,自分からみんなのために行動したりと,今までの花菜だったら絶対にできなかったことでしょうね。

登場人物の中で一番魅力的だったのは恵美です。出番は少なかったけれど,とにかくサッカーが純粋に好きで,夢中になっている,こういう女の子っていいなあ。

結局,主人公だと思われるヒカリにはあまり魅力を感じないで終わってしまいましたが,「本当の好きが見つかるまでいろいろ経験してみる」という考えに至ったのはいいかなと思います。ヒカルは「好き」を実感しつつあるようです。この後,花菜とさらに仲良しになれたらいいですね。

ところで,ふたごのお母さんが書いている小説のタイトルが「アルフライラ戦記」となっていたことに大ウケしたのはわたしだけでしょうか?
別窓 | 児童書 | コメント:0
『オバケだって,かぜをひく!』 富安陽子
2006-06-18 Sun 19:46
鬼灯医院にはかわったお医者さんがいる。世界でたったひとり,「オバケ科」の専門医の鬼灯京十郎先生だ。あの日,ボタンを拾わなかったら,ぼくは鬼灯医院に行くことはなかったはず…。

オバケ科という発想がまずおもしろい!オバケも病気になるのかあ…。
「ゲゲゲの鬼太郎」では,オバケは病気をしないと言っていた気がするのですが…(笑)。
鬼灯京十郎先生の病院「鬼灯医院」はこの世界とは別のところにあるようです。オバケが住む世界なのか,その中間点なのか…。
CLAMPの『ホリック』というマンガをちょっと思い出してしまいました。

それにしても,この鬼灯先生は不思議な人です。鬼の予防注射をするために,偶然やってきた恭平(主人公)をうまく使ってしまうのですが,悪いことを考えているときには目が泳ぐというか…(笑)。
何だか憎めません。

無事に帰ってきた恭平ですが,この後,また鬼灯医院に行くことになるんじゃないかなという気がします…。

イラストは小松良佳さん。お話にピッタリのイラストです。
別窓 | 児童書 | コメント:2
マンガの新刊&『ゆきのはなふる』
2006-06-17 Sat 20:49
あだち充『クロスゲーム 4』,二ノ宮知子『のだめカンタービレ 15』,わかつきめぐみ『ゆきのはなふる』などが出ています。
こちらは読み終わっています(笑)。マンガはすぐ読める…。

『ゆきのはなふる』のかきおろしは,うーん,ちょっとわかつきワールドっぽくはなかったなあという気がします。主様のシリーズにはしてあるけれど,ちょっと世界が合っていないというか…。
でも,主様シリーズを一気に読めるという点では非常によいと思います。
ところで…「卵売りみねそたの日常」(文字を忘れた!)も主様シリーズだと思うのですが,なぜあれは入っていなかったのでしょう?
別窓 | マンガ | コメント:0
新刊続々
2006-06-17 Sat 20:44
いっぱい新刊をゲットしているのですが,とにかく読む暇がない…。
みおちづる『少女海賊ユーリ 流星の歌』はラストに向けて急展開しているようですし,池田美代子『妖界ナビ・ルナ 白銀に光る剣』も目が離せません。

他にも『ラーマーヤナ』や夏緑『ヒカリとヒカル』,エミリー・ロッダ『ティーン・パワーをよろしく7』,『天山の巫女ソニン 1』などが積ん読状態です…。
別窓 | 児童書 | コメント:2
怪獣をあやすコツ
2006-06-17 Sat 20:30
このところ,怪獣のお守りをすることが多くなっています。
15日は県民の日でお休み有給休暇です,参考までに…。子どもは休みなのに,教師は有給休暇ですよ,有給休暇!)だったので,初めて怪獣を車に乗っけて美容院まで出かけました。
車には乗り慣れているようで,終始ご機嫌な怪獣でした。
でも,ばあや(岩姫)が髪を切っている間は,けっこうぐずっていました…。

家だったら「あたま,かた,ひざ,ぽん」であやせるんだけど,さすがにお外でそれをやるのは…。
怪獣は,こちらが頭や手を叩くとなぜか喜びます。いろいろなリズムで叩くとさらに喜びます。
これで大抵はあやせることがわかったのですが,ずっとやっているとけっこうな運動量になります(汗)。
動作を大きくするので,思いっきり全身運動になっている(笑)。
別窓 | こぶたの育児日記出張編 | コメント:0
怪獣のひとり遊び♪
2006-06-17 Sat 20:19
本日,怪獣は新しい遊びを覚えました。
ボールを転がしたら,はいはいで追いかけていくのです。
そのボールをどうするのか見ていると…
手に持ったままはいはいで移動するではありませんか!

実はここにポイントがあるのです。
手にボールを持った状態ではいはいをすると,つるっとボールがすべって再び転がってしまうのです。
そして,怪獣は再びボールを追いかけ,とり,手に持ってはいはいをしてまた転がし,追いかける…エンドレス~♪
というわけで,見事なひとり遊びとなるのでした(笑)。

うーん,これは見ていておもしろい!
怪獣も大喜び♪

ところで…怪獣の顔ってキューピーちゃんに似ていませんか?
目や髪型がよく似ていると思うんだけど…。

※怪獣の顔は,「こぶたの育児日記」を参照してください。
別窓 | こぶたの育児日記出張編 | コメント:2
T姐さんとモンシロチョウ
2006-06-16 Fri 20:38
今日,職場にT姐さんから電話がかかってきました。
電話を受けた人は「I市のM小学校のT先生ってご存じですか?」と不思議そうな顔で取り次いでくれました。
…そりゃそうだ。何で管外の学校の先生から電話がかかるんだと思うわな,普通は。

で,T姐さんからの電話は「モンシロチョウの蛹はいつ冷蔵庫に入れればいいの?」という内容でした。
モンシロチョウ博士のM教務主任(現在は教頭)と同学年を組んでいたT姐さんなのに,蝶の羽化実験は教わらなかったのだそうです。
…まあ,そりゃそうか。5,6年で一緒に組んだんだもんね。

実は,数日前にメールでも「教えて」と問い合わせがあったのですが,直接話さないと難しいので,即電話したのに…また電源が入っていない!
結局,本日まで放置してしまいました(汗)。
別窓 | 姐さんといっしょ | コメント:0
あまりにひどすぎて
2006-06-16 Fri 20:11
新しい職場に移ってから,職場での話題はこのブログにはほとんど書いていません。
それは,あまりにもひどすぎて書きようがないから…。
いい話題,本当にないのです。

毎日,怒りまくっています。
のどを初めて潰しました。
偏頭痛も倍以上になりました。

とっても近くなったはずなのに,帰る時間は前任校の方が早い!
はっきり言って,異常な職場です。
さっさと出ます,こんなところは。
近ければよいというものではありませんね。

職場の話題を毎日書くと,本当に愚痴だらけのいやーなブログができあがるのでやりません(笑)。
別窓 | 日記 | コメント:0
マーチング…
2006-06-13 Tue 20:33
最初の職場で嫌だったことNO,3くらいに該当すると思われるマーチング。2番目の職場ではなくなっていてホッとしていたのに,今の職場でまた登場…。
しかも,衣装に金かかりまくり!
……もうやめればいいのになあ。
見かけのパフォーマンスより,音色で勝負させたいです,本当に。
最初の職場は,音が出ていなくても人数あわせでマーチングに出していたのだから,あれは反則。
ここでも同じようなことをするのは嫌です。それに,現在の朝練のみの体制では絶対にできるようにはならない。
夏休みに何日も練習しないと無理。
わたし,夏休みは研修の嵐で協力できないよ~。

ついでに,うちの職場の吹奏楽部は,ウィンドオケだと思われるのに,なぜかホルンがアルトホルン。これだけブラスバンド用なんだよなー。
とほほ…。Es管ってF管より嫌なんですけど。
別窓 | 日記 | コメント:0
ローランギャロス 2006 その3
2006-06-11 Sun 07:08
女子決勝,全部見ました。
結果は,ジュスティーヌ・エナン=アルデンヌの優勝ですが…プレーの中身で勝ったのはスベトラーナ・クズネツォワの方だと思います。
いつものエナン=アルデンヌらしいプレーがほとんど見られず,印象に残っているのはクズネツォワのプレーの方ばかり。
ウィナーも絶対にクズネツォワの方が多かった!
完全にクズネツォワが押している試合でした。
クズネツォワの敗因は…せっかくいいプレーをしているのに,要所でミスして,確実にポイントが取れなかったことでしょうか。
エナン=アルデンヌは,最後の3ゲームくらいはいいプレーがあったかなというくらい。
よく言えば,エナン=アルデンヌの粘り勝ちなんだろうけど…。
別窓 | 日記 | コメント:1
TOPのカウンター
2006-06-10 Sat 20:45
数日前に80000HITしていたらしい…。(「らしい」というのが何とも情けない。ちゃーんとTOPチェックしてなくて…とほほー。)
もうじき丸8年になるから,1年で10000HITくらいなのかな。
のーんびりやっていても,いつの間にかカウンターはちゃんと回っている(笑)。

来てくださっている皆様,ありがとうございます。
別窓 | 日記 | コメント:0
ローランギャロス 2006 その2
2006-06-10 Sat 07:48
2週目はWOWOWでの放送が見やすい時間帯になったので,公式サイトのスコアボードで試合を追うことは少なくなりました。
見たい試合を放送してくれないときは,やはりスコアボード頼みとなるのですが…。

男子は第1シードから第4シードまでが順当に勝ち上がってきましたが,準々決勝,準決勝と共に相手のリタイアで勝ち上がりが出てしまったのが残念。まあ,全豪女子決勝もリタイアで優勝が決まるというとんでもない結果だったけど…。
ダブルスにも出ているというのなら確かにハードな日程で大変だと思うのですが,リタイアした人はダブルスには出ていなかったような気がします。
決勝はフェデラー対ナダル。アンツーカーを得意としているナダルにフェデラーが勝てるかな?フェデラーには全仏のタイトルをとってほしいなあ。

女子はクズネツォワ対エナン=アルデンヌ。
クズネツォワは,準々決勝と準決勝の試合を見ていましたが,絶対に負けると思った試合をひっくり返しての決勝進出。準々決勝は,立ち上がりがメチャクチャで,サフィナ(マラト・サフィンの妹)のペースで進んでいたのですが,徐々に調子を上げ,第2セットは簡単にとってしまいました。準決勝もバイディソバペースだったのが,第2セット途中からエンジンがかかり逆転勝ち。ねばり強いというか,執念というか…。プレースタイルはアランチャ・サンチェス=ビカリオによーく似ています。クズネツォワはロシア人ですが,ずっとスペインで練習しているそうなので,サンチェスのプレースタイルに似ていて当然なのかもしれません。かつて,ダブルスでサンチェスと組んでいたこともありましたしね。
エナン=アルデンヌは順当勝ちだと思います。クライシュテルスもヒンギスに圧勝し,調子はよかったと思いますが,エナン=アルデンヌとはやっぱり気合いが違うような気がします。
ヒンギスのパワーがなくても技でいくらでも勝ち上がれるというプレースタイルは好きなんだけどなあ。

女子ダブルスは杉山愛が決勝に残りました!
シングルスはいまひとつですが,ダブルスでは実に見事なプレーをしています。彼女はダブルスのスペシャリストなんだろうなあ。
ナブラチロワのように50歳近くになってもダブルスで上位に残れる選手もいるのだから,シングルスにこだわらずにがんばってほしいものです。

ジュニアの男子で活躍している選手もいます。錦織選手は,シングルスでベスト8,ダブルスでは決勝に残っています。勝てるといいなあ。
別窓 | 日記 | コメント:3
近況
2006-06-10 Sat 07:14
このところ忙しかったというか,疲れてどうしようもなかったというか…。すっかりご無沙汰してしまいました。

犬カイザーくんですが,6月5日に亡くなりまして,仲良しだった愛妻ベスさんの待つ天国へと旅立ちました。
10年ちょっとだったので,ベスさんよりは長生きでした。
大きな怪我をして手術した経験もあり,10年も生きられるとは思っていなかったので,よくがんばったなあと思います。
今頃はベスさんと仲良く遊んでいることでしょう。

猫ヒカルくんは一緒に寝る相手がいなくなったため,夜はいろいろな人の部屋を行ったり来たりして,まだ寝床が定まりません。わたしの部屋にいる時間が多いと思われるのですが,気づくといなくなっている…(汗)。
朝の4時,5時くらいになると,大抵父のところに入り込んでいるらしい。父曰く「朝ご飯よこせって来ているんだよ。」
……ヒカルは腹時計で行動しているらしい(笑)。
父は足タックルでたたき起こされているようです。わたしのところではそんなことはしなくなった~!なめなめ攻撃で起こしに来るだけです♪
別窓 | 犬・猫 | コメント:8
自分の声
2006-06-04 Sun 17:59
普段自分で聞いている自分の声は,他の人に聞こえているものとはだいぶ違う。
昨日,怪獣が「パパ,ママ」と言っている声をビデオに撮っているときに,自分の声が一緒に入っていたのだが,聞いてみてびっくり。
妹の声とよーく似ているのである。
そういえば,大学生の頃に妹の友だちが電話してきたのだが,すっかり妹と勘違いされ,何度説明しても「また,冗談言っちゃって~。」と信じてもらえなかったことがあったっけ。
以前は,母とも間違えられることが多かった。
ということは,3人の声が似ているのだろうか?
自分の声の続きを読む
別窓 | 日記 | コメント:3
ローランギャロス 2006
2006-06-04 Sun 12:55
今年も全仏オープンテニスが開幕。1週間が経ちましたが,シングルスはシード上位陣が順当に勝ち上がっている感じですね。

男子はロジャー・フェデラーが全仏のタイトルをとれるかどうか,それともラファエル・ナダルが得意のクレーコートで連覇なるかが見所かな。

女子は,今季全豪覇者のアメリー・モレスモが地元フランスで勝てるか,それとも,ジュスティーヌ・エナン=アルデンヌが全豪の借りを返せるかが見所か?
別窓 | 日記 | コメント:0
悪いのは誰だ!
2006-06-03 Sat 19:54
本日,怪獣と犬カイザーと猫ヒカルの「悪いのは誰だ!」ランキングが発表となりましたので,お知らせいたします。

1位 怪獣
2位 猫ヒカル
3位 犬カイザー

ランキング決定までの経緯

ワガママ度で怪獣はぶっちぎりのポイントをゲット!
猫ヒカルのワガママ身勝手さなんて大したことではありません。
犬カイザーは非常に聞き分けの良い子です。

また,怪獣はあらゆるコードをひっぱり,紙をひきちぎり,ティッシュをいっぱい出し…と悪事の限りを尽くしていました。

以上のことから,先ほどのランキングとなりました。
やはり,こちらは年功序列と言うべきか…。
ヒカルでも,何をしてはいけないかよーく理解しています。
怪獣が理解するのはいつの日か…。
別窓 | こぶたの育児日記出張編 | コメント:0
| ROY草子 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。